しらべぇ

割引になるクリスマスケーキ 25日以降に買う人はどれくらい?

25日から割引になることが多いクリスマスケーキ。待って買う人に聞くと…

ライフ

(Violet711/iStock/Thinkstock)

この時期のお楽しみ、クリスマスケーキ。イブの夜、食卓に用意されていないと、寂しさを感じてしまう。

そのため12月23日〜24日には多くの人が買い求め、その味を楽しんでいる。

 

■25日以降は割引になることも

そんなクリスマスケーキだが、イブを過ぎると売れ残りは割引になり、賞味期限との兼ね合いから、25日には半額になることもある。

それだけに、25日以降に購入する人も少なくないという。同じケーキが安く買えるのなら、待ったほうが得だ。しかし、「ケーキは24日に食べなければ意味がない」との声も。

そこで、しらべぇ編集部では全国の20代〜60代の男女1,328名に、クリスマスケーキの購入時期について調査を実施。

結果、「25日以降に買う」と答えた人は全体で16.4%。圧倒的に24日に購入する人が多いよう。なかには、「ケーキなんて買うもんか!」と思っている人もいるだろうが…。

ただし性世代別で見ると、30代男性の25.0%は「25日に以降に買う」と回答。独身者も一定数いる30代男性は「予定もないし、安くなったものを食べよう」と考えているのかも。

 

■25日以降に買う人に聞いてみると…

30代男性のAさんに話を聞いた。

「私は独身で恋人もいないし、1人暮らしですから、本当は食べなくてもいい。でも、クリスマスになにもしないのは寂しくて。少しだけでも気分に浸りたいので、25日に割引されたケーキを買います。おそらく彼女や子供ができたら、24日に買って一緒に食べると思う。

 

ちなみに、妻子のある友達に聞くと、家計が苦しいので一日待って25日に買うらしい。子供には『ケーキは25日に食べるもの』と教育しているそうです」

 

自分の感情や懐事情によって、「安いケーキでいいかな…」となるようだ。半額ケーキを求める人が、そろそろ街を巡回しているかも。

・合わせて読みたい→なにが聖夜だ! 最悪すぎるクリスマスの思い出3選

(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年11月17日~2017年11月20日
対象:全国20代~60代の男女1,328名(有効回答数)

この記事の画像(2枚)

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu