しらべぇ

イブに「東日本大震災」の様子を放送 『鉄腕DASH』の決断に称賛の声

クリスマスイブに、東日本大震災発生時の様子を放送した『鉄腕DASH』。その反応は?

エンタメ

24日の『ザ!鉄腕DASH!』は「新宿DASH」。前回予告されていた「福島DASH村最後のロケ」が放送された。

 

■倉庫から2011年3月11日のテープを取り出す

冒頭、新宿ベース基地で雨どいを造るメンバーが。そして画面は『鉄腕DASH』の倉庫へと移り、1本のテープが取り出される。それは、東日本大震災が発生した2011年3月11日のものだった。

「撮影されたものの一切放送されず、テープ倉庫に眠り続けた記録。今夜初めて放送します」

 

といつもより抑え気味の声でナレーションが入り、放送が開始される。

 

■地震発生時の様子がありのままに

番組では、2011年3月11日の様子を放送。まず、城島と山口、そして三瓶明雄さんが雨どいと水瓶を製造し、完成させる様子が流れる。そして、場面は地震発生時の模様に。

激しい揺れに女性が悲鳴をあげ逃げまとい、山が崩れる。その様は衝撃的で、城島と山口も驚きを通り越し、ひきつった表情。

家のなかに置きっぱなしだった造りたての水瓶は、スタッフの機転でなんとか持ち出すことに成功する。しかし、現在も避難区域になっているため、立ち入ることができず、福島DASH村は「あの日のまま」になっているそう。

そしてTOKIOは、途中で止めざるを得なかった「池作り」を新宿で再開することに。材料である竹集めから始め、まるで大工のように雨どいを造ったうえ、ワイン樽を借り、水瓶も確保。

池作りに必要な雨水システムを造りあげ、続きは次回以降となった。

 

■ネット民から放送に称賛の声

2011年ではなく、6年後の2017年12月24日にあえて震災発生時の様子を公開した番組の決断に、称賛の声が。

 

■地震対策をしている人は少ない

今回の放送は、絶対に忘れてはいけない「震災の記憶」を人々に思い出させるもので、地震への対策や備えを考えるきっかけになったはず。

全国20代〜60代の男女1,363名を対象に「地震がいつ来てもいいように対策をしている」かどうか調査したところ、「している」と答えた人は各世代で3割以下。

震災規模ではないが、大きな地震が毎年発生していることを考えると、かなり低い割合のように思える。今回の放送は、そのような人々に警鐘を鳴らすような放送になったかもしれない。

TOKIOのメンバーは、東日本大震災の悲しみを痛いほど理解している芸能人。福島で実現できなかった計画を、ぜひ新宿で達成してほしい。

・合わせて読みたい→海賊帆船で航海するも失敗! 『鉄腕DASH』山口達也の不在が絶望的すぎる

文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治イラスト/ほうじちゃ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年2月24日~2017年2月27日
対象:全国20代~60代の男女1363名 (有効回答数)

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu