しらべぇ

『お笑い王』優勝マルセイユ「スケジュール空いてます!」とアピール

テレ東『にちようチャップリン』9週連続ネタバトル企画『お笑い王決定戦 2017』でよしもと所属のマルセイユが優勝した

エンタメ

(マルセイユ・別府貴之、津田康平 ©テレビ東京)

24日、『にちようチャップリン』(テレビ東京系)の9週連続ネタバトル企画『お笑い王決定戦 2017』のグランドチャンピオン大会が放送され、マルセイユ(よしもとクリエイティブエージェンシー所属)が優勝した。

 

■初代お笑い王が決定

今年10月から始まった「お笑い王決定戦」は、毎週異なる6組が登場し、観客と出演者の審査で各週チャンピオンを決定。

1~7週目までに決定した週チャンピオン7組と、8週目で放送した敗者復活戦を勝ち上がった1組の計8組でグランドチャンピオン大会が開催され、7週目チャンピオンのマルセイユが優勝した。

(優勝賞金として300万円すべてを1,000円札で授与された ©テレビ東京)

マルセイユはボケ担当・別府貴之(34)とツッコミ担当・津田康平(28)の結成5年目のコンビ。

主に関西を拠点に活動し、別府のキレのある動きから繰り出されるボケを中心とし、速い掛け合いの漫才を得意としている。

 

■「獲れなかったら辞めるつもりだった」

(©テレビ東京)

優勝して涙ぐんでいたことについて、津田が聞かれると…

津田:相方にも言っていませんでしたが、僕はこれが獲れなかったたら芸人辞めるくらいのつもりだったので。

 

別府:舞台上のあの顔はマジですね。

 

津田:なんとか! という感じです。

 

また、ネタの手応えについては…

別府:「力まずやらないと」と自分の中で思っていました。シミュレーションはできていたので。「ここでウケるかな、ここで拍手くるかな」と。

 

津田:結構、改良に改良を重ねて「こういう感じちゃうかな?」と。大阪での劇場出番で事前にネタかけさせていただいたり、先輩に動画見ていただいたりして、アドバイスももらって。ネタには自信あったのですが、あとはハマるかハマらんかやな、という感じでした。

 

別府:先輩にも感謝です。

 

津田:お前はなんもしてないやろ!(笑)俺が全部先輩に相談してたやん。

 

■若年層に人気が出そう

マルセイユの印象について、元芸人のライターに話を聞いた。

「テンポの良い漫才に、奇をてらっていないわかりやすいボケやイキった感じは、安心して見られます。

 

ボケ担当・別府のいい感じのブサイクさが、ネタに合っていると思いました。系統ではNON STYLEに似ているかな。優勝をきっかけに、今後は若年層にとくに人気が出そうですね」

 

今後の仕事についてマルセイユは「スケジュール空いていますから、ぜひ呼んでいただきたいです!」とのこと。

以前から、「他局へ羽ばたく芸人を生み出したい」とプロデューサーが自虐的にコメントしていた『にちようチャップリン』だが、マルセイユが今後どんな活躍を見せてくれるのか、期待したい。

・合わせて読みたい→『キングちゃん』三度目の復活! 芸人たちの即興ガチバトルSP放送

(文/しらべぇ編集部・小河 貴洋

関連記事

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu