しらべぇ

神職免許を持つ異色の神主グラドル・千代田唯 「悪役が気持ちよかったです」

年末年始は行事で大忙し? 1作目よりさらにセクシーなシーンにも挑戦。

エンタメ オトナ

元バイトAKBメンバーで神職免許をもつ“神主グラドル”の千代田唯ちゃんが、新作イメージDVD『かわいいお姉さん』(竹書房)を発売。

東京・秋葉原で行われた発売記念イベントを、しらべぇ編集部も取材に訪れた。

 

 

■誕生日に行われたロケ

2枚目のDVDとなる今作は、唯ちゃんの誕生日である9月20日にタイのプーケットで撮影されたもの。

「28歳になって初めてのお仕事がこれでした。プーケットはすっごくいいところで、暑くて楽しかったです」とロケ地の思い出を振り返った。

 

■キャビンアテンダントになるのが夢

このDVDで一つの目標を達成することができたという唯ちゃん。

「まず最初にキャビンアテンダントの服装をしているんですけど、私の母と姉が元々キャビンアテンダントだったので、私もなるのが一つの夢だったんですよ。なので、このDVDで一つ夢がかないました!」とニッコリ。

他にも制服や浴衣などバラエティ浴衣な衣装に挑戦したそうで、「一作目よりさらにセクシーな、大胆な作品になりました」とアピールしてくれた。

 

■悪役が気持ちよかった

本作での唯ちゃんはじつは双子という設定で、

「私は双子のお姉ちゃん役なんですけど、彼氏は妹と付き合っていて、本当はずっとその彼のことが好きだっていう、女性版の『タッチ』みたいな感じです。そして妹と彼が別れたので、やっと一緒にタイに行けたっていうストーリーになってます」と、ちょっぴり複雑なストーリーを紹介。

一人二役で妹を演じているシーンも収録されているそうで、

「制服のシーンは妹役なんですけど、“お姉ちゃんが見ているのを知っている妹”っていうのを演じていて、悪役が気持ちよかったです(笑)」と、意外にも悪役がはまり役だったことを明かした。

 

■来年はもっと大胆に?

2017年はどんな年だったか尋ねると、

「今年は初めてグラビアのDVDをさせていただいたり、ゴルフも始めたりとか、色んなことに挑戦できた年でした。来年は…そうですね、もっと大胆な年にしたいと思います。バッと行きます!(笑)」と大胆発言も飛び出した。

なお、現役の神職でもある唯ちゃんにとって年末年始は腕の奮いどころ。

「これから一年で一番忙しい期間に入るので、年末年始は神主としてちゃんと働いて、新しい年、2018年から新たな気持ちで頑張りたいと思います」と語った。

【千代田唯(ちよだ・ゆい)】

1989年9月20日生まれ/T162・B82・W58・H88/東京都出身/趣味:神社めぐり、お守り作り、歴史/特技:ピアノ、チアリーディング

・合わせて読みたい→元バイトAKB・千代田唯 「例のセーター」着て悩殺ポージング

(取材・文/しらべぇ編集部・びやじま

 

この記事の画像(6枚)

関連記事

人気記事ランキング

アルバイト募集中 WEBエンジニア募集