さんまは「下積み中」、雨上がりに「ハニートラップ」危機…手相占いで衝撃事実判明

『明石家さんまのお笑い向上委員会』で2018年の運勢を占った結果…

16日23日放送の『さんまのお笑い向上委員会』(フジテレビ系)で、手相占い芸人・島田秀平(40)が出演芸人の手相を鑑定。2018年の運勢を占った結果、衝撃的な事実が次々に判明し、視聴者から驚きの声が上がっている。

 

■さんまは「2029年に大ブレイク」

東京進出を計画するかまいたちには、2人とも大成功をおさめる「ますかけ線」があり2019年の成功を示唆。しかし成功の条件は「2018年1月17日までに上京」、それが間に合わない場合「最終手段は改名。おすすめは『かまきり』」と島田は明かす。

明石家さんま(62)の手相も絶賛するも、「2018年は現状維持、12年後の2029年にやっと売れて大ブレイクする。現在は下積み中」と衝撃発言。

芸歴43年、お笑い界のBIG3への「下積み」発言に周囲は「まだブレイクしてないの?」「アホくさ」と困惑を見せた。

 

■2018年ワースト3は…

さらに出演者の中で2018年、運勢的にワースト3となる人物も発表。3位は「ユーモア線ゼロ」のコロコロチキチキペッパーズ・ナダル(32)。2位は「悪い男に振り回されそう」なフジテレビのアナウンサー・久代萌美(28)。

そして最も運勢が悪いのは、雨上がり決死隊・蛍原徹(49)と判明。

「性欲旺盛、夏秋にハニートラップに要注意」、蛍原の注意点が説明されるも、さんまは「ハニートラップは避けようがない。(自分は)風邪よりもかかってる」と諦めるよう、蛍原をなだめた。

次ページ
■視聴者は驚き

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ