しらべぇ

本格的な冬に向けて寒さ対策は万全? 男性より女性のほうが積極的

厳しい寒さの日が続いているけれど、意外にマフラーや手袋といった簡単な防寒対策をしていない人も。

ライフ

(paylessimages/iStock/Thinkstock)

いよいよ年末。厳しい寒さの日が増えてきて、厚手のコートや手袋が手放せない人も多いはず。

少しでも暖かく過ごすため、どんな工夫をしている人が多いのだろうか。

 

■寒さ対策は大丈夫?

しらべぇ編集部が全国20代〜60代の男女1,342名を対象に、「普段している寒さ対策」を調査したところ、全体的に女性のほうが念入りに寒さ対策をしている結果に。

確かに寒がりな女性、多い気がする…。

男女ともに一番多かったのは、簡単にできる食事の工夫。お鍋やスープを食べたり、あったかいお茶やココアを飲んだり。体の中から温めようとする人が多いようだ。

 

一方、男女差に顕著な差が出たのは、「マフラーや手袋の着用」。

首・手首・足首の「3つの首」を温めると、体全体に温かい血液が回り、冷え性などの改善にも役立つのだが…女性が65.2%の使用に対し、男性は42.8%と、その差は20ポイント以上。

「コートにマフラーを巻いていたら、昔『ヨン様みたい!』って笑われて。それ以来なんとなく使いたくない」(40代・男性)

 

「スマホをいつでも触りたいから。手袋をしていると操作できないじゃないですか。スマホ対応って、ダサい毛糸の手袋が多くて」(30代・男性)

 

最近はスマートフォンを使いたいから手袋はしない…という人も多いが、本革を使うなどオシャレなスマホ用手袋も多数登場している。

手先の動きは、意外に目立つもの。外出時に、コートのポケットに手を突っ込んで背を丸めて歩く姿は、周囲からかっこ悪く思われているかも。

 

■「素材」の工夫も大事!

さらに冬の「アウトな見た目」といえば、やっぱり着膨れ。厚手の下着の上に長袖を着て、もこもこセーターにコート…いくら暖かくてもダサく感じてしまう。

そんな着膨れ防止になる「機能性素材の衣服を着用」をしている人は、男性は40.6%に対し、女性は55.2%。

いろいろなメーカーから寒さ対策に特化した機能性インナーが発売されており、1000円程度で購入できるものも多い。

「昔は寒いならとりあえず重ね着しとけ! だったけれど、これなら薄くて1枚で暖かい。冬のオシャレの幅が広がった気がする」(30代・女性)

 

「ファッション系のアイテムのだと、ちょっと物足りない。アウトドア用の防寒インナーウエアを愛用しています」(20代・男性)

 

寒い冬こそ、オシャレに暖かく過ごす工夫を!

・合わせて読みたい→寒すぎてもう無理! かさんでいく暖房代にちょっとした工夫を

(文/しらべぇ編集部・たつき あつこ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年11月17日~2017年11月20日
対象:全国20代〜60代の男女1,342名

この記事の画像(3枚)

関連記事

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu