しらべぇ

Youtuber・ヒカル、また競馬にチャレンジ 『有馬記念』に1000万円宣言

過去、二度のチャレンジで失敗に終わったが、次の有馬記念はどうなる? 三度目の正直なるか?

エンタメ

ヒカル

(画像はYoutubeのスクリーンショット)

あの『VALU騒動』から再びユーチューバーとして復帰し、現在も順調に動画投稿を行っているヒカル(26)。

24日に開催される『有馬記念』(中山競馬場)に1,000万円もの大金をつぎ込む宣言をしたことが、ネットで話題になっている。

 

■過去にもチャレンジしたが…

過去にも『アイビスサマーダッシュ』『宝図化記念』と2度チャレンジを試みたが見事に失敗に終わっている。今回、動画では『有馬記念』に先駆けてこのように述べている。

「今回は1,000万円のうち、300万円を自分で予想します。残りはいつもお世話になっている店長とおばあちゃんに予想してもらいます。

 

2人の予想は、みなさんも僕もレース後に知るという形を作りたいと思ってます。なので僕が外れても、残り2人が当たってる可能性があるわけなんです。店長もおばあちゃんも福耳なので、運がいい人の力を借りたいと思ってます。

 

今回も3連単で億越え狙いますよ。負けたとしてもまた1,000万いきます。勝つまでね」

 

過去に2回チャレンジし、合計で2,340万円負けている。また負けたとしても「勝つまで続けます」と次回への挑戦を示した。

 

■大金をつぎ込むことに対する反応は…

ネット上では1,000万円を賭けることへの驚きや、当日一番人気が予想されるキタサンブラックのオッズが下がることに恐れている声がある。

中でも多く見受けられたのが1,000万円の使い道。「寄付に回すべきだ」といった声も多く、1,000万円もの大金をギャンブルに使うことには不満に感じる人もいるようだ。

 

■2割がユーチューバー志望

しらべぇ編集部が全国の20~60代男女1,358人に調査したところ、「生活できるならユーチューバーになりたいと思う」と答えた人が2割に迫った。

最近では、小学生の頃から「将来の夢はユーチューバー」という子供もいるという。

ヒカル以外にもユーチューブで大金を稼いでいる人は多く存在するため、将来的にはユーチューバーを職業として選ぶ人たちがさらに増える時代が来るのかもしれない。

・合わせて読みたい→はじめしゃちょー、自宅にストーカーが侵入「怖かった」 ネット騒然

(文/しらべぇ編集部・KiiDA

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年6月24日~2016年6月27日
対象:全国20代~60代の男女1,358名(有効回答数)

この記事の画像(1枚)

関連記事

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu