甲子園に出ても応援しない! 母校に思い入れがない人のリアルな割合

母校はいい意味でも悪い意味でも、青春時代の思い出が全部詰まっている。

人間関係

2017/12/23 19:00

母校に思い入れがない
(©ぱくたそ)

青春の1ページとして描かれる学生生活だが、自分が卒業した学校は思い出の宝庫。さぞかし思い入れが強い人が多いだろう。

しらべぇ編集部では、全国20〜60代の男女1,348名に「出身校について」の調査を実施。全体で52.0%もの人が、「母校に思い入れはない」と答えたのだ。

青春は、きれいな思い出ばかりではないのかも。

 

■学生時代の人間関係が嫌

男女別では、女性のほうが母校への思い入れがない人が多い。

母校に思い入れがない男女別グラフ

学生時代の人間関係があまり好きではなかった、との意見もある。

「女同士の付き合いは、学生時代でもいろいろとあったので」(40代・女性)

 

しかし、男性も半数以上と、少ない割合ではない。

「学生時代の友達とは、すっかり疎遠になってしまった。そんな状態なので、母校への愛はない」(30代・男性)

 

■大学の同窓会活動に参加する男性

長く同じ系列の学校にいる人は、母校愛があると答えている。

「中学から大学まで同じ私立の学校だったので、嫌でも愛着が湧く」(30代・男性)

 

卒業しても、自ら積極的に学校とつながっている人も。

「大学の同窓会の活動によく参加している。いろんな職業や年代が集まるから、人脈作りにもなる」(40代・男性)

 

慶應義塾大学出身者が集まる三田会を始め、大学の卒業生が集まる組織は、大きな影響力があることでも有名だ。

 

■たとえ甲子園に出ても応援しない

非リア充では、6割近くと高い割合になっている。

母校に思い入れがない傾向別グラフ

ずっと目立たない存在として生きていた人にとって、学生時代にあまりいい思い出がないようだ。

「嫌な思い出しかないから、むしろ嫌い。たとえ野球部が甲子園に行ったとしても、応援しないと思う」(20代・男性)

 

また過去ばかりに目を向けるのは、いかがなものかとの声もある。

「上司が出身大学の話ばかりしているけど、卒業してどれだけ経ってるんだよ。それしか誇れるものないのかよ、って思う」(20代・男性)

 

青春時代のすべての記憶が、いい思い出になる日は来るのだろうか。

・合わせて読みたい→同窓会やクラス会に参加したことがない人 3つの特徴が判明

(文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年11月17日~2017年11月20日
対象:全国20代~60代の男女1,328名 (有効回答数)

この記事の画像(3枚)

あなたにオススメ