しらべぇ

お節介? 若者が階段でベビーカーを運ぶ人に手を貸さない理由

片手で赤ちゃんを抱っこしながら、もう一方でベビーカーを持つお母さんたち。

ライフ

(Creatas Images/Creatas/Thinkstock)

バリアフリーが進んでいるものの、まだまだ階段を利用しないと移動できない場所は多い。ベビーカーを抱えながら階段を登る女性は、街中でよく見かける光景である。

しらべぇ編集部では、全国20〜60代の男女1,328名に「階段でベビーカーを運んでいる人に手を貸したことがある」かの調査を行なった。

勇気を出して声をかけている人は、どのような人たちなのだろうか。

 

■ベビーカーを気にしたことがない若者

年代別では、若い人ほど手を貸した経験がないと回答している。

ベビーカー階段グラフ

シャイな性格の人には、勇気のいる行動のようだ。

「知らない人に、声をかけるのが恥ずかしい」(20代・男性)

 

子供がいない人は同じ経験をしたことがないために、見過ごしていることもある。

「ベビーカーで困っている人とか、あまり気にして見ていない」(20代・男性)

 

■自分に子供ができて初めてわかる大変さ

自分が同じような立場になって、気をつけるようになった人も多い。

「自分に子供ができてから、階段がどれほど大変か気づいた。そうすると自然にベビーカーを運んでいる人に気がつくようになり、今では自ら声をかけている」(30代・男性)

 

「自分がベビーカーを押していたときに、多くの人が手を貸してくれた。とても助かったので、自分も同じようにしたいと思っている」(30代・女性)

 

■遠慮する人がいるので少し強引に

中には、声をかけられて断る人もいる。それが遠慮なのか、本当にいらぬお節介なのか…わからないから難しい。

「声をかけたら断られたことがある。ただ本当は手伝って欲しくても、遠慮をして断る人も多い気がして…。しつこく食いつくのも変だし、そんな時は、どうしたらいいんだろう?」(30代・女性)

 

そんな謙虚な人に対しては、少々強引なほうがいいという。

「『手伝いましょうか?』と疑問形でなく、『上まで運びますね』とやることを前提な感じで声をかける。話すと同時にベビーカーに手を伸ばすくらいにお節介だと、断れないだろうから。

 

ちょっと強引だけど、やっぱり遠慮する人がいるので」(40代・男性)

 

子育てのしやすい社会は、少子化対策には欠かせないだろう。困っているお母さんがいれば、勇気を出して声をかけてほしい。

・合わせて読みたい→電車で赤ん坊が大泣き…母親が訴え「赤ちゃん専用車両を」

(文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年11月17日~2017年11月20日
対象:全国20代~60代の男女1,328名 (有効回答数)

この記事の画像(2枚)

関連記事

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu