しらべぇ

「豚に真珠」は「ニートにプレミアムフライデー」 現代版のことわざに賞賛の嵐

『5時に夢中』の人気コーナー「ことわざアップデート」、2017年の大賞はあの人気俳優ネタ

エンタメ

21日放送『5時に夢中!』(TOKYO MX)で、「古臭いことわざを現代にマッチする形でアップデートする」人気企画「ことわざアップデート」の2017年大賞作品が決定。視聴者から賞賛が起きている。

((C)ぱくたそ)

 

■下ネタ、世相を切る秀作揃い

第1回の2015年は「隣の芝生は青い」が「レンタル中のAVはドエロい」、2016年は「山椒は小粒でもぴりりと辛い」が「灘中の子供でも俺らより偉い」にアップデートされ大賞を受賞。

(画像は『5時に夢中!』公式Facebookからのスクリーンショット)

今年は36作品から反響の大きかった10作品がノミネートされ、作家・岩井志麻子(53)らによって大賞を決定する。

「毒を食らわば皿まで」は「娘を食らわば母まで」、「生兵法はケガの元」を「生でいいよという女は地雷」、「賽は投げられた」が「便は顔出した」など同企画は下ネタが中心。

ただし、森友学園の国有地払い下げ騒動を受けて「安物買いの銭失い」を「安物国有地買いの小学校失い」。「豚に真珠」を「ニートにプレミアムフライデー」など、世相を切った作品も目立った。

 

■人気俳優ネタも選出

2017年の作品の傾向には、ドラマでの「顔芸」も話題になった人気俳優・香川照之(52)が絡むことが多かった。そこで「香川照之大賞」を設定、受賞作が本大賞にノミネートされることに。

「鳶に油揚げをさらわれる」が「香川照之の顔芸に見せ場をさらわれる」、「医者の不養生」を「照之の無表情」など、4作品が紹介され、「縁の下の力持ち」をアップデートした「香川照之の面の下の表情筋」が香川照之大賞を受賞、ノミネートされた。

 

■大賞決定に視聴者興奮

難航した審議の結果、下品すぎるネタは排除され「香川照之の面の下の表情筋」が2017年大賞に決定。選考理由は「世情は反映していないが、香川さんという素晴らしい俳優の魅力を伝えた」とのことだった。

視聴者も今年を締めくくる大賞発表に大いに盛り上がりを見せている。

■49%が「下ネタを許せる、許せない人がいる」

しらべぇ編集部で、全国20~60代の男女1,352名に調査したところ、「同じ下ネタでも許せる人と許せない人がいる」のは全体の49%と判明した。

下ネタ男女別グラフ

笑える下ネタと笑えない下ネタがある中、「ことわざアップデート」は多くの視聴者が笑える下ネタとして受け止めている。「来年のことを言えば鬼が笑う」というが、今から2018年の大賞発表が楽しみで仕方がないはずだ。

・合わせて読みたい→語り継がれる「ことわざ」のつくり方【黒田勇樹の妄想的語源しらべぇ】

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年3月18日~2016年3月22日
対象:全国20代~60代の男女1352名(有効回答数)

この記事の画像(2枚)

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu