黒柳徹子が『CanCam』表紙でパンダに変身 夢に出そうな「不思議かわいい」姿に絶句

目の周りを黒く塗りタマネギヘアにも耳をつけるこだわりよう

エンタメ

2017/12/21 18:00

■見惚れるほどのお茶目な姿

パンダに扮して無邪気な表情をする黒柳の姿に、ファンも大喜び。

・徹子さんパンダ、なんて可愛んでしょう〜 見惚れちゃいます


・トットちゃんお茶目^ ^


・あらま お美しくてホントに素敵で大好きです


など、絶賛の声が寄せられている。


 

■パンダ愛あふれる黒柳ならでは

黒柳といえば、幼少期から熱烈なパンダ愛好家として知られ、日本パンダ保護協会の名誉会長も務めている。

彼女の幼少期をモデルにしたドラマ『トットちゃん!』(テレビ朝日系)も人気で、84歳の今も精力的に芸能活動を続けている黒柳。

インスタグラムに寄せられたファンの声の中には「お茶目」というワードが多く見られるが、天真爛漫で飾らない性格が、いくつになってもかわいいと言われる秘訣かもしれない。

・合わせて読みたい→黒柳徹子Instagram開始! 徹子の自撮りにファン歓喜

(文/しらべぇ編集部・星子

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ