しらべぇ

黒柳徹子が『CanCam』表紙でパンダに変身 夢に出そうな「不思議かわいい」姿に絶句

目の周りを黒く塗りタマネギヘアにも耳をつけるこだわりよう

エンタメ

女優の黒柳徹子(84)が、女性向けファッション雑誌『CanCam』(小学館)で目の周りを黒く塗ったパンダコスプレを披露し注目を集めている。

 

■夢に出そう、むしろ出てきてほしい

黒柳が公式インスタグラムにパンダメイクをした写真をアップしたのは21日。白塗りで目を黒く囲むだけでなく、トレードマークのタマネギヘアにパンダの耳をのせ、イヤリングもパンダ形のものをつけている。

頬に手を当てて「びっくり顔」をする黒柳はまさにパンダの妖精。夢に出てきてほしくなる「不思議かわいさ」だ。

 

■シャンシャン公開にあわせてパンダ化

黒柳のパンダ姿は、『CanCam』の公式インスタグラムにも掲載されている。黒柳のページにアップされたものより明るいトーンの写真はさらにパンダ感がアップ。画像には、

「今日から上野動物園の『シャンシャン』が一般公開ですね! CanCam2月号では、“日本を代表するパンダ通”の黒柳徹子さんに、パンダの魅力を語っていただいてます!

 

パンダ愛に溢れた徹子さんの解説を読んだ後、シャンシャンを見ると、かわいさがより倍増 徹子さんのパンダメークも永久保存版です!!」

 

という文言が添えられている。

 ■見惚れるほどのお茶目な姿

パンダに扮して無邪気な表情をする黒柳の姿に、ファンも大喜び。

・徹子さんパンダ、なんて可愛んでしょう〜 見惚れちゃいます

 

・トットちゃんお茶目^ ^

 

・あらま お美しくてホントに素敵で大好きです

 

など、絶賛の声が寄せられている。

 

■パンダ愛あふれる黒柳ならでは

黒柳といえば、幼少期から熱烈なパンダ愛好家として知られ、日本パンダ保護協会の名誉会長も務めている。

彼女の幼少期をモデルにしたドラマ『トットちゃん!』(テレビ朝日系)も人気で、84歳の今も精力的に芸能活動を続けている黒柳。

インスタグラムに寄せられたファンの声の中には「お茶目」というワードが多く見られるが、天真爛漫で飾らない性格が、いくつになってもかわいいと言われる秘訣かもしれない。

・合わせて読みたい→黒柳徹子のお洒落なインスタに脱帽 iPadを駆使したセンスがすごすぎる

(文/しらべぇ編集部・星子

関連記事

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu