収入は100倍!? ブルゾンちえみ、みやぞん、アキラ100%ら「ブレイク後の生活」告白

『1周回って知らない話』にブルゾンちえみ、ANZEN漫才・みやぞんらブレイク芸人が登場し、ブレイク後の生活の変化を告白!

2017年、ブレイクを果たしたお笑い芸人・ブルゾンちえみ(27)、ANZEN漫才・みやぞん(32)、アキラ100%(43)らが、20日放送『1周回って知らない話』(日本テレビ系)にそろって出演。

ブレイク後の私生活や月収など「世間が気になっている疑問」に答え、話題となっている。

(画像は日本テレビ『1周回って知らない話』公式Instagramからのスクリーンショット)

 

■ブレイク芸人たちは休めない

2017年を振り返り「夢のよう。去年から考えたら想像できないことばかり起きた。将来、1番人生が変わったと感じる年」と答えたのは、1月の『ぐるナイ おもしろ荘』(日本テレビ系)で人気に火がついたブルゾン。

どれぐらい忙しかったかを問われ、「事務所が身体に気を使って、月に何度かは丸一日の休みを用意してくれる」とのことで、自身の代名詞・35億に絡めて「35日」と回答。

みやぞんは「はじめての2017年だったもので…」とお馴染みの天然ボケを披露しながら、「1年半、休みなし」と告白した。

 

■収入も激増

世間が気になるのは「忙しさ」だけではない。「金銭面」にも触れていく。

みやぞんは「(ブレイク前)当時の給料の20倍。大きな買い物はソファ」と明かす。アキラ100%は「100倍ぐらい」と大幅に収入が増加したことを暴露。

それでも、先輩芸人から「年が変わると全てが変わる」と聞かされていたアキラ100%は服を着るタイミングの悩みを吐露。「いけるなら裸のままでいきたい」と本音を語った。

次ページ
■ブレイク芸人に驚きの声

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ