しらべぇ

『監獄のお姫さま』堂々の完結! 微笑チビ社長にネット民爆笑

宮藤官九郎脚本ドラマ『監獄のお姫さま』。最終回でついにおばさんたちが板橋吾郎(伊勢谷友介)に復讐を果たした。

エンタメ

監獄のお姫さま

19日、宮藤官九郎脚本のドラマ『監獄のお姫さま』の最終話が放送された。

 

■これまでの『監獄のお姫さま』

本作はさまざまな事情で「自立と再生の女子刑務所」に入った女囚たちが、無実の罪を着せられて収監されてきた「姫」こと江戸川しのぶ(夏帆)の復讐のために立ち上がるというストーリー。

しのぶはもともと江戸川乳業という会社のご令嬢で、叩き上げのイケメン副社長(当時)の板橋吾郎(伊勢谷友介)と交際していた。しかし、なぜかしのぶは彼の大学時代からの恋人を沖縄で殺害(殺人教唆)したことになってしまい、会社を奪われてしまったのだ。

その後、彼女はお腹の中の子供を守るために刑務所入りしたことも判明。1年半の間、仲間のおばさんたちとともに勇介を育てるが、最終的に勇介の存在を知った板橋に奪われてしまう。

馬場カヨ(小泉今日子)ら女囚たちは出所後、板橋に復讐を誓い合うことになり、計画の日に向けて動いていく。

 

■出来る後輩・今池が証拠を発見

「爆笑ヨーグルト姫事件」を調べるため、沖縄に飛んだ検事でカヨの恋人の 長谷川(塚本高史)と助手の今池(上川周作)。

しのぶとらがパラセーリングを申し込んだボートハウスで、大量のSDカードの中から重要なものを入手する。それはしのぶが被っていたヘルメットについていた小型カメラに入っていたものだ。

その中を調べて証拠を探す長谷川ら。しかし、重要な情報は見つからない……とそんなとき、なにかとよく出来る後輩の今池があることに気付く。板橋がかぶっていたヘルメットにも、小型カメラがついていたのだ。

 

■ついに罪を認めた板橋

そこには「しのぶに頼まれて俺がやったと言え」とプリンスに強く教える板橋の声が残されていた。

そうして開かれた裁判。長谷川の詰めの甘さが逆に功を奏し、板橋はナイフの鞘を海に捨てたと自供してしまう。

そして、観念した板橋は「横山ユキを殺したのはこの私だ」と認めることに。

 

■「あさごはんの歌」の秘密が発覚

その後、板橋の口から社長に至るまでの知られざる生い立ちが語られることに。

じつは彼の父親は江戸川乳業の社員であり、そこで知った新製品「えどっこヨーグルト」のCMのオーディションに合格、チビ社長として出演していたのだ。

カヨたちがいつも刑務所で聞いていた「朝ごはんの歌」は、当時子供だった吾郎の歌によるものだったのだ。

しかし、会社が経営不振に陥ると父親はクビに。それはCMで社長を演じていた当時の吾郎の心に大きなキズを残したのだった。

 

■大団円の最終回に賞賛の声

さまざまな伏線を回収し、無事に大団円を迎えた本作。ネット上ではさめやらぬ声援が送られている。

 

■「微笑チビ社長事件」にネット民は爆笑

その後、逮捕されることとなった板橋。ニュース番組では「微笑チビ社長事件」と紹介されていた。これに対し、ネット上では……

「微笑」ではなく「爆笑」が相次ぐことに。

 

3ヶ月間、笑いと涙で我々を楽しませてくれた本作。おばさんたち女優陣の演技に、改めて賛辞をおくりたい。

《これまでに配信した『監獄のお姫さま』記事一覧はこちら

・合わせて読みたい→『監獄のお姫さま』馬場カヨが馬鹿カヨに…痛恨の登録ミスにネット爆笑

(文/しらべぇドラマ班・クレソン佐藤 イラスト/ミキシマ

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu