セクシー女優への憧れは「オタクレベル」 18歳の女子大生、平沢すずがデビュー

『恵比寿マスカッツ』に憧れて、AVの世界に飛び込んだ。

平沢すず

この春、女子大生になったばかりの18歳が、AVの世界に飛び込んだ。平沢すずちゃんは、山梨県出身。大学入学とともに上京し、今は文学部で学んでいるという。

 

■カフェでバイトしながら…

平沢すず

大都会・東京には驚きも大きかったようだ。

平沢:東京の第一印象は、「人が多いなー!」ってことですね。新宿とかはちょっと苦手ですけど、表参道のカフェとかは好きです。場所は違いますが、今もカフェでバイトしていて、かわいい制服が着られて嬉しいですね。

 

女子大生らしいバイト先、東京での新しい生活を楽しんでいる様子が伝わってくる。

 

■『恵比寿マスカッツ』でAVを知った

平沢すず

デビューが決まるまで、AV自体は見たことがなかったというすずちゃん。しかし、女優さんについては、かなり詳しい。

平沢:高校生くらいのときかな、テレビで『恵比寿マスカッツ』を見たんです。一期生のRioさんとか吉沢明歩さんが、印象に残ってますね。正直、「アイドルよりもかわいくて、しかもトークまで面白い」って感じました。

 

それから、女優さんのツイッターをよく見るようになって…今では、有名な方だけでなく、新しくデビューされた方のアカウントまで、かなり「オタクレベル」で毎日見ています(笑)

次ページ
■自分には自信がなかったが…

この記事の画像(7枚)

あなたにオススメ