クリぼっちでも寂しくない! 「クリスマスは恋人と…」は昔の話?

クリスマスに恋人がいてほしいか、恋人のいない男女に調査を実施。

男女

2017/12/20 08:00

(TAGSTOCK1/iStock/Thinkstock)

街中にイルミネーションが輝き、いよいよ近づいてきた今年のクリスマス。家族を持っていたり、パートナーがいたりすれば、それぞれ大事な人と過ごすため、プランをいろいろと練っているだろう。

しかし、彼氏・彼女のいない独身男女は、どんなモチベーションで迎えようとしているのだろうか。

 

■クリスマスには恋人がいてほしい?

しらべぇ編集部では、今年11月の時点で恋人やパートナーのいない全国の20~60代男女436名を対象に、クリスマスには恋人がいてほしいか調査を実施した。

結果、できればクリスマスまでに恋人がほしいと回答したのは22.7%だった。

 

また、クリスマスには、少しでも特別なことをしたいと考えている人の48.9%は、聖夜をパートナーと楽しみたいと思っている。

さらに、「友人や有名人のクリスマスの過ごし方をネットやSNSでチェックするのが楽しみだ」と回答した人の中では、66.7%とかなり高い割合に。

ただし、クリスマス直後に恋人と別れた経験がある人に調査すると、この時期に人恋しいと思うのは65.7%と、別れた経験がない人と40ポイント以上も差が開いている。

 

■あせって恋人を作る人は少数

クリスマスにどうしても、相手がほしいと願う男女は2割程度。

最近では、クリスマスをひとりで過ごすことを意味する言葉「クリぼっち」が生まれ、一人でいることを好んで楽しんだり、寂しいと思わない人が多くなってきたと言われる。

バブルの時代のように、クリスマスだからと無理やり予定を作ったりすることはなく、焦って恋人を作らずに、自然体を好む人が増えているようだ。

・合わせて読みたい→クリぼっち回避!イベントのために恋人を作るのはこんな人

(文/しらべぇ編集部・小河 貴洋

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年11月17日~2017年11月20日
対象:恋人のいない全国の20~60代男女436名(有効回答数)

この記事の画像(3枚)

あなたにオススメ