しらべぇ

セクシー番長・小田飛鳥と美東澪が初共演 「どんどんMっ気に目覚めちゃって…」

“着エロの女王”と“セクシー番長”が華麗なる共演!

エンタメ オトナ

(写真左:美東澪/写真右:小田飛鳥)

グラビア界の「セクシー番長」こと小田飛鳥ちゃんと、「着エロの女王」を名乗る美東澪ちゃんが、新作DVD&ブルーレイ『百合の花咲く』(キングダム)を発売。

東京・秋葉原で行われた発売記念イベントに、しらべぇ編集部も取材に訪れた。

 

 

■番長顔負けの押しの強さ

共演作の経験がある飛鳥ちゃんに対して、共演は今回が初めてという澪ちゃん。にも関わらず撮影にはかなり積極的だったようで、飛鳥ちゃんいわく、

「前に撮影した時は相手の子に対して私がグイグイ行く感じだったんですけど、今回は結構彼女にグイグイ来られて。私はセクシー番長っていう異名があるんですけど、番長顔負けなくらい攻めてくれましたね」とのこと。

 

■気を抜くとSとMが逆転?

会社の先輩と後輩という間柄の2人が、温泉旅行へ出かけるというストーリーの本作。

「設定では私が先輩でSなんですけど、自由に演じると彼女がSになって私がMになるっていう、素が出てる部分が面白いと思います」と飛鳥ちゃん。

 

■ブルーレイ限定シーンは過激度もアップ?

ブルーレイ版にはスペシャルチャプターとして、2人がシースルーのマイクロビキニを着てイチャイチャするシーンを収録。

また、2人が「儀式」と呼ぶ唾液交換シーンもブルーレイ限定で収録されており、ここでも「唾液職人」の異名を取る飛鳥ちゃんに対し、澪ちゃんは「(飛鳥ちゃんは)すごく唾液を使うのが上手なんですよ。唾液も美味しかったです(笑)」と笑った。

 

■澪ちゃんの攻めでMっ気に目覚める

せっかくの共演作ということで、お互いに相手の印象を語ってもらったところ、

飛鳥ちゃんは「彼女のことは前から知ってたんですけど、見た目から受けなのかと思っていたらすっごい攻めるので上手くて、もう…すごいです(笑)。ピンポイントで攻められて、私もどんどんMになっちゃったみたいな」と、澪ちゃんの攻めによってMっ気に目覚めたことを告白。

また、澪ちゃんは「飛鳥さんは見た目がエロいのはもちろんなんですけど、今回の作品では今まで出せなかったMの部分を引き出すのが私の使命かなと思って。皆さんセクシー番長の方の飛鳥さんを見慣れてると思うので、セクシーというよりは、気弱でかわいらしい、いじらしい感じが逆にエロかったんじゃないかと思います」

と、セクシー番長の新たな一面を引き出したことを語った。

・合わせて読みたい→Eカップグラドル・小泉千秋 「水中カメラってすごく鮮明に映る」とびっくり

(取材・文/しらべぇ編集部・びやじま

 

関連記事

人気記事ランキング

アルバイト募集中 WEBエンジニア募集