しらべぇ

「面白くないヤツと組まない」 サンドウィッチマンの深すぎるコンビ愛に賞賛の声

『人生が変わる1分間の深イイ話』でサンドウィッチマンに密着!

エンタメ

2007年、M-1グランプリで敗者復活枠から優勝をもぎ取り、スター街道を歩み出したサンドウィッチマンに、18日放送『人生が変わる1分間の深イイ話』(日本テレビ系)で密着。

解散を考えた下積み時代を経て、「芸人界一の好感度」と言われるまでになった現在の2人の関係性に、視聴者から賞賛が起きている。

(画像はサンドウィッチマン・伊達みきお公式ブログからのスクリーンショット)

 

■レギュラー14本の人気者

M1優勝から10年、サンドウィッチマンは、「今1番面白いコンビ1位」「テレビ局関係者が使いたい芸人1位」など様々なランキングに名を連ね、世間やテレビ関係者から高い評価を受けている。

その評価通り、レギュラー番組14本を抱える2人は地方での仕事も多く、連日朝5時起きで深夜に帰宅。1日に収録5本をこなすなどハードスケジュールが続く。

 

■解散を考えた過去

しかし、ここに至るまでは決して順調ではない。高校の同級生の2人は23歳で芸人を目指し上京。アパートで共同生活をしながら7年間もくすぶっていた。

「30歳までに売れなければ解散」、覚悟を決めた2人は借金してまでライブを重ね、初のテレビ出演を勝ち取る。その後、M1で優勝し、ついに夢を叶えたのだ。

 

■交わした「7つの約束」

高校卒業後、福祉関係の職についていた伊達みきお(43)を芸人に誘った富澤たけし(43)。「伊達しかいない。面白くないヤツと組まない」と決め、3年かけて伊達を口説き落とす。

富澤はコンビ結成時、「草野球をやらせる」「いい車に乗せる」など伊達と「7つの約束」を交わし、16年かけてその約束すべてを叶える。

その約束がすべて叶った日、2013年11月10日の伊達のブログには、富澤への感謝と「サンドウィッチマンを解散しない」、新たな2人の約束が記されていた。

 

■視聴者賞賛

コント・漫才やロケなどで、お笑い芸人として高い評価を受ける一方、人間的な魅力にも溢れた2人。その2人の仲の良さ、信頼関係を垣間見た視聴者からは賞賛の声が起きている。

■約2割が「親友と高校で出会った」

しらべぇ編集部で全国20~60代の男女1,357名を対象に調査を行なったところ、全体の69.7%に親友がいると判明。一番の親友と出会った場所は「高校」が最も多く、約2割にものぼった。

親友ぐらふ1

サンドウィッチマンも高校で出会った親友同士。長年コンビを続けると仲が悪いと噂される芸人も多い中、2人にはそれが当てはまらないようだ。

仲の良い親友同士が、互いを想い合い楽しむ姿が、微笑ましく視聴者の心を掴んでいるのかもしれない。

・合わせて読みたい→サンド伊達、富澤が仕掛けるドッキリになぜか大喜び 「バカップルのイチャイチャ」とも

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年10月21日~2016年10月24日
対象:全国20~60代の男女1,357名(有効回答数)

この記事の画像(1枚)

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu