しらべぇ

なにが聖夜だ! 最悪すぎるクリスマスの思い出3選

本来の趣旨から逸脱している感のある日本のクリスマス。廃止論を唱える人も?

ライフ

(Max Oppenheim/iStock/Thinkstock)

クリスマスとは、本来イエス・キリストの降誕を祝う日である。ところが日本では「プレゼントがもらえる日」「カップルのための日」に変貌している感も。

そんな日本のクリスマスに違和感を覚える人もおり、なかには「廃止すべきだ」という意見もあるようだ。

少々過激な「クリスマス廃止論」。どのくらいの人が、支持しているのだろうか。

 

■クリスマスを廃止すべきだと思う?

しらべぇ編集部では全国の20代〜60代までの男女1,328名に、クリスマスについて調査を実施。

結果、「廃止すべきだと思う」と答えた人は、13.8%。なんだかんだ言っても、1年に1度のイベントだけに、楽しみにしている人が多いのだろう。

 

■性世代別である傾向が

数少ない廃止論者だが、どのような人たちが「必要ない」と考えているのだろうか。性世代別で見ると、ある傾向が。

30代の割合が高く、男性22.0%、女性17.9%でいずれもトップの数字。クリスマスに「嫌な経験」をしたことがある人が多いのかも。

 

■廃止論を唱えたくなるほど最悪なクリスマス3選

廃止論を唱えてしまうほど、最悪なクリスマスはどのようなものだったのか。複数の人に聞いてみた。

 

①イブをきっかけに二股発覚

「昔つきあっていた彼氏と、イブの予定を決めようという話になったとき、『仕事で会えない』と告げられた。怪しいと思って、携帯を盗み見したら、別の女とデートの約束をしていた。

 

結局自分は二番手だったということが判明し、1人ぼっちのクリスマスを過ごすことに」(30代・女性)

 

②楽しそうなカップル相手に仕事

「ケーキ販売業なので、毎年クリスマスはほぼ仕事。平日ならまだ割り切れるけど、休日だと最悪。楽しそうなカップル相手にケーキを売るとき、『このあと2人で食べるのかな』とか考えると気持ちが沈む。

 

そもそも我々のような勤務者がいるから、クリスマスを楽しめる。そのことを忘れないでほしい」(20代・女性)

 

③毎年最悪

「彼女ができたことがないので、毎年最悪。楽しそうなカップルを見るたびに、爆発すればいいのにと思う。

 

そもそも、イエス・キリスト様の降誕を祝うイベントなのに、彼氏・彼女がいると勝ち組、いないと負け組っていう風潮は許せない。こんなものは、廃止すべきでしょう」(30代・男性)

 

賛否両論のクリスマス。今年はイブが日曜だけに、「クリスマスなんてなくなってしまえ!」と思っている人は、外に出ず、家で過ごすのもありかも。

・合わせて読みたい→差別じゃない? クリスマスひとりで過ごす人がカップルにされた行動3選

(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年11月17日~2017年11月20日
対象:全国20代~60代の男女1,328名(有効回答数)

この記事の画像(3枚)

関連記事

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu