しらべぇ

ウーマンラッシュアワーの風刺漫才が大反響 賛否両論、批判が相次ぐ事態に

ウーマンラッシュアワーが『THE MANZAI 2017』で政治を題材にした風刺漫才を披露した。

エンタメ

(画像はTwitterのスクリーンショット)

17日放送の『THE MANZAI 2017』(フジテレビ系)にウーマンラッシュアワーが出演。

原発、北朝鮮のミサイル、沖縄の米軍基地などさまざまな政治を題材にした「風刺」が大きな反響を呼んでいる。

 

■原発やオリンピック問題にチクリ

福井県大飯郡おおい町の出身であるボケ担当・村本大輔(37)は、周辺に4基の原発があると説明し、おおい町の店が夜7時には閉店しまうことを挙げ「電気はどこへゆく!」と笑いを誘う。

さらに、「都民ファースト」を掲げていた小池百合子知事が「希望の党」の代表を辞任したことを挙げて「自分ファーストだ」とチクリ。東北や熊本などの被災地問題と2020年の東京オリンピックの新国立競技場を絡め、「豪華な競技場を建てる前に、被災地に家を建てろ!」と主張した。

その他には、沖縄の米軍基地問題の「おもいやり予算」について「アメリカに思いやりをもつ前に、沖縄に思いやりを持て」と声を張り上げ、アメリカにとって日本は、戦闘機などを買ってくれる「都合の良い国」とバッサリと切り捨てた。

 

■国民の意識の低さを指摘

2人はそれらのニュースよりも、議員や芸能人の暴言・不倫ばかりが取り上げられることを指摘。その理由について「視聴率がとれるから」「(不倫などのニュースを)見たい人がたくさんいるから」としたうえで、本当に危機を感じないといけないのは、原発や沖縄、被災地の問題ではなく「国民の意識の低さ」と主張した。

そして村本は最後にテレビカメラを指差し、観客と視聴者たちに「お前たちのことだ!」とまくし立て、舞台をあとにした。

さらに村本は18日、自身のツイッターでこのネタについて触れ、「ずっと全国放送でこれをやる今日を待ってた」と明かした。

 

■ネット上でも称賛の声

村本が早口で繰り出すさまざまな風刺、そして国民の意識の低さの指摘に、ネット上では「よく言った」「ゴールデンでアレを言えるのはスゴイ」と称賛する声があがっている。

 

■「急に説教が来た」と批判の声も

しかし一方で、批判的な意見もあがっている。村本の主張そのものに対する批判も多いが、「お笑い芸人が政治ネタをするな」「素直に漫才をしろ」といった、お笑い芸人としての姿勢に対する指摘もみられた。

 

賛否両論の声が数多くあがっているウーマンラッシュアワーの漫才。村本は以前から、スタンダップコメディに対する強い憧れがあったことを明かしているが、この漫才をきっかけにその目標へ大きく近づいていくのかもしれない。

・合わせて読みたい→ウーマン村本「相方がかわいそう」に反論 「漫才だけで月収100万円」

(文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん

この記事の画像(1枚)

関連記事

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu