しらべぇ

『イッテQ』御年77歳、デヴィ夫人が崖下り 「挑戦を続ける意義」に反響

カレンダー撮影のため、デヴィ夫人が崖下りに挑戦! 夫人の言葉に視聴者から多くの反響が

エンタメ

(画像はFacebookのスクリーンショット)

『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)の出演者らが世界各地へ赴き、来年度のカレンダー写真を撮影する、「イッテQカレンダープロジェクト」。

未だ写真が決まっていなかった、来年8月のカレンダー写真を撮影するため、デヴィ・スカルノ夫人と出川哲朗がメキシコへ。2人の体を張った挑戦と、デヴィ夫人のコメントに多くの反響が寄せられている。

 

■断崖絶壁をロープで…

カレンダーにふさわしい絶景写真を撮影するため、デヴィ夫人と出川はメキシコ・カンクンから飛行機と車を乗り継ぎタンパオン川へ。向かう先は、ターコイズブルーに輝く滝・タムール。

川底に蓄積された石灰岩が、光を浴びることでターコイズブルーの色を映し出す美しい川を、ボートを漕いで進む一行。1時間ほど進むと、滝幅最大300メートル、落差100メートルを超える壮大な滝が姿を現した。

今回は「滝が流れる100メートルの崖をロープを使って下り、美しい滝を下から眺める」という企画なのだが、滝と崖の壮大さに出川は「降り口までは行かれるけど、降りられない」と弱気な発言。

高所恐怖症であるデヴィ夫人も「私は降りられるけれど、あそこ(降り口)に立てない。怖くて腰を抜かすと思う」とコメントしていた。

 

■デヴィ夫人の勇姿と「挑戦を続ける意義」

崖を下る装備を身に着け、日没までのタイムリミットが迫る中、現地のインストラクターより説明・練習を終えるとすぐ本番へ。

先陣を切ったのは出川。すぐ近くに滝が流れているため、岩肌がツルツルと滑る他、途中足場に足が届かない箇所もあり宙吊り状態に。30分かけて何とか自力で降りきった出川は、御年77歳のデヴィ夫人の身を心配した。

しかし、出川の心配をよそに、デヴィ夫人は高所恐怖症の恐怖にも打ち勝ち、確かな足取りで順調に崖を降りていく。途中、風に煽られる場面もあったが、曇ってしまったカメラを気にかける余裕も。

無事に崖を降りきったデヴィ夫人に出川は「本当にすごい。こんな77歳はいない」と改めて感服。また、挑戦を続ける意義について夫人は

「誰かにできるなら、自分にできないわけがない。歳をとることよりも、挑戦しなくなることのほうが怖い」

 

とコメント。壮大な滝と崖下りを終えた清々しい2人が収まった1枚が、8月のカレンダー写真に決定した。

 

■デヴィ夫人の言葉に反響

年齢を感じさせない美貌と、知的さとユーモアを兼ね揃えた唯一無二のキャラクターでタレントとしても多くの人々に愛され続けているデヴィ夫人。

そんな彼女の「挑戦を続ける意義」に、視聴者から多くの反響を寄せられている。

中には「感動して泣いてしまった」という視聴者も。挑戦し続けるデヴィ夫人の美しい勇姿は、多くの人々に影響を与えたようだ。

 

■「若さ」は年齢ではない?

しらべぇの既報によると、全国の20~60代の男女1,658名を対象に「自分のことを若いと思う」かどうか調査を行ったところ、「若いと思う」と回答した人は全体で約3割という結果に。

また、年代別で見て見ると、「自分のことを若いと思う」人は20~60代の各年代とも3割前後存在することが判明。「若い」かどかは年齢ではなく、「心の持ち方」と言るのかも。

健康と美貌を維持し、挑戦を続けるデヴィ夫人。今後も同番組で「名コンビ」と名高い、出川との珍道中が楽しみだ。

・合わせて読みたい→『イッテQ』デヴィ夫人が河北麻友子を絶賛 「出川ガール」格差顕著に?

(文/しらべぇ編集部・もやこ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2015年2月13日(金)~2015年2月16日(月)
対象:全国20代~60代女性計1658名

この記事の画像(1枚)

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu