しらべぇ

若者がテレビ離れしてない!? 「年末年始特番」意外な年代に支持層か?

年末年始の特番が好きか聞いてみたら…

ライフ

(paylessimages/iStock/Thinkstock)

10月クールの連続ドラマが続々と最終回を迎え、改編期に多くなる総集編や特別編、特別企画の番組――いわゆる「特番」が増えてきている。

一般的な企業が年末年始休暇に入る時期には、ほとんどのテレビ局が特番だらけ…というケースも少なくない。

しらべぇ編集部では、全国の20~60代の男女1,342名を対象に「特番は好き」か、意識調査を実施した。

■20代女子が6割越え

全体では「大好き」13.7%と「まあまあ好き」36.5%で「特番が割と好き」な人はわずかに半数を超える50.2%。一方、「あまり好きではない」32.9%と「嫌い」16.9%で、「好きではない人」が49.8%となった。

男女別に見ると

「大好き」「まあまあ好き」と回答した「特番が割と好き」な人の割合は、男性が49.7%に対し、女性は50.7%とほぼ一緒。

 

しかし、「特番が割と好き」な人を性別・年代別で見てみると、

20代女子が最も多く6割を超え、20代・30代が全体でも高めという結果に。

これは一般的に言われている、昨今のテレビ視聴者層よりもかなり若い年代が「特番、いいね!」と思っていることになる。

「若者のテレビ離れ」に関する記事や調査は多いが、こと年末年始などの「特番」という面では、若者はテレビ離れしてない――と考えられそうだ。

 

■気分がほどける

実際に「特番が大好き」という人に、話を聞いた。

「いつもは帰りが遅いし、休日は家族サービスも少しはしないといけないので、テレビを観るのは朝出かける支度をしている時に、ニュースをながら見するくらい。あとは、たまに週末の朝に子供に起こされて、一緒に戦隊シリーズを『勉強させられる』感じですかね。(笑)

 

それが年末年始だと、親戚で集まって子供の相手は誰かがしてくれる、妻が子供を連れて里帰りして、束の間の一人暮らし――そういう時に観るからか、特番を観ているとほどけた気分になるというか…あのワチャワチャした画面を眺めている時間が、好きなのかもしれません」(30代・男性)

 

「我が家は、それぞれの部屋にもテレビはあるのですが、家族で一緒にあれこれツッコミつつ観るのが好きで、その話をすると『お前んち、昭和か?(笑)』ってよく言われます。普段からそんな感じではあるんですけど、年末年始の特番ってバラエティやお笑いが多いからか、そういうツッコミに最適なんですよ。

 

コタツに入ってお節をつまんだり、みかん食べたりしながら、家族でテレビにツッコミ入れていると、なんだか自然と『うちの家族って、仲良しでいいな~』ってしみじみ。今年も番組ガイドの雑誌を買って、いつ、何を観るのかチェックするところからもう、楽しい気持ちになっています!」(20代・女性)

 

年末年始というタイミングもあり、さまざまな番組があるほか、のんびりと寛いだ気分でいることも、特番に対するイメージがポジティブな方向に繋がる人が多い要因なのかも。

家でのんびり過ごす人は、観たい特番をチェックして、楽しみを作るのもオススメだ。

・合わせて読みたい→「若者のTV離れ」は進行している? なんとなくポーズで言っちゃう人も

(取材・文/しらべぇ編集部・くはたみほ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年11月17日~2017年11月20日
対象:全国20代~60代の男女1,349名(有効回答数)

関連記事

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu