『ビューティーコロシアム』で美しくなった女性の「現在の姿」に常盤貴子、藤田ニコルも仰天

『ギリギリ昔話』でかつての人気番組『ビューティーコロシアム』出演者の現在を紹介!

2001年、美しく生まれ変わりたい女性の願いを叶える番組『ビューティーコロシアム』がフジテレビで始まった。

同番組で、整形・エステ・メイクなどの力で美しく生まれ変わった女性の現在を、16日放送『ギリギリ昔話』(フジテレビ系)で紹介すると、女優・常盤貴子(45)、藤田ニコル(19)が仰天。視聴者からも大きな反響が起きている。

(画像はフジテレビ公式Twitterからのスクリーンショット)

 

■整形美女の現在は…

10年間で277名の女性が同番組で生まれ変わったが、「過去を語りたくない」女性が多く、現在の姿を紹介されたのは2人だけ。

1人目は、腫れぼったい一重が「コワ面」の印象を与える当時26歳のシングルマザー。ぱっちりとした二重に整形、ダイエットとメイクで美しく生まれ変わった。

出演から9年経った現在、過去を振り返る。番組出演後、一目ぼれしたという男性から手紙をもらうなどしたが、「外見はキレイになっても内気な内面は変わらなかった」ため、彼氏は一度もできなかったと明かす。

整形した目と鼻は殆ど変わらずキレイなまま。当時65kgまで減量した体形は明らかに大きくなっていたが、現在も「彼氏を探している」と前向きな姿勢を覗かせた。

 

■32kgダイエット成功女性は…

2人目は、肥満が原因で彼氏との破局危機を迎えていた女性。95kgから11ヶ月かけて32kgのダイエットに成功した。

当時の彼氏から7年後にプロポーズを受けるものの、連絡が取れなくなる。実は彼氏は別の女性と付き合っており、そちらが妊娠。破局したと語った。

ダイエットした身体をキープすることが出来ず、1年後には元の体形に。10年後の現在は110kgまで増加してしまったという。

「明日からまたやればいい」と甘く考えた末のリバウンドに、常盤から「現在はダイエットをしていますか」と問われると、「がんばって歩いている程度。テレビのダイエット企画にぜひ呼んでほしい」と笑顔を見せた。

次ページ
■常盤の姿にも賞賛

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ