現代のボウリングは「両手投げ」が主流? ネットでは「試してみたい!」の声

最近のボウリングは両手投げが主流なようだ

ボウリング
(GeorgeRudy/iStock/Thinkstock)

16日に放送されたTBS系情報番組『新・情報7daysニュースキャスター』では、ボウリングがテーマに。そこで紹介された「変わった投げ方」が、ネットで話題になっている。

 

■両手投げがブーム?

ボウリングは、昭和40年代に中山律子プロをはじめとする女子プロボウラー活躍で日本に一大ブームを巻き起こした。

その後、現代でも人気の身近なスポーツだが、投げ方は変化を遂げて両手投げがブームだという。その投げ方のポイントは…

①親指を入れずに中指と薬指のみ指に入れる。

 

②右手にボールを乗せ、左手を添えて抱えるように投げる。

 

曲げようとせず、まっすぐ投げるだけでもボールが高速で回転し、カーブすることでストライクの確率が上がるようだ。

両手投げを実践するボウラーは「ちょうどよく曲がってストライクが取りやすい。必殺技」と語った。

 

■両手投げに驚き

これまで、一般的にボウリングは片手投げが主流だったせいか、ネットでは驚きの声が目立っている。

次ページ
■「試してみたい」の声も

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ