しらべぇ

ひとりエッチ頻度が高い男性はエッチの回数が多いか少ないか? 衝撃の調査結果が明らかに

TENGAヘルスケア社の調査で、男性の自慰とセックス、それぞれの頻度の関係が見えてきた。

男女 オトナ

TENGA

男性の9割が経験しているマスターベーションだが、その頻度には個人差がある。TENGAヘルスケア社が全国15〜64歳の自慰経験のある男性2,000名を対象に実施した調査結果から、くわしく見てみよう。

 

■8割の男性は週1回以上

週20回以上/週10〜15回前後/ほぼ毎日/週5〜6回/週3〜4回/週1〜2回/月2〜3回/月1回以下…の8つのグループに分けてみると…

自慰とセックス

もっとも多いのは「週1〜2回」で、全体の3割。週3〜4回の男性が2割で続く。じつに75.5%の男性が、週に1回以上の自慰をしていることがわかる。

これは、体力がみなぎる10代、20代に限った調査ではなく、15〜64歳までのデータであることをあらためて触れておきたい。

 

■頻繁にセックスする男性のほうが…

マスターベーションで快楽を得る男性は、「そればかり」になってしまわないのだろうか。ところが、今回の調査からは、まったく反対の実態が見えてきた。

調査対象者2,000名のうち、週2回以上セックスする107名を抽出して、自慰行為の頻度を見てみると…

自慰とセックス

週20回以上マスターベーションしている割合は、全体の5.6倍に跳ね上がる。単純計算で、1日平均3回以上射精している男性が、このグループでは14%にのぼるのだ。

また週5〜6回以上する割合はどれも高く、それ以下のグループでは全体を下回った。

「自慰だけに夢中になってパートナーとの関係が疎かになる」という仮説は成り立たず、性的な関心・欲求が高い人はセックスもオナニーも満遍なく行う傾向がありそうだ。

・合わせて読みたい→「週10回以上ひとりでする男性」ってどんな人? アニメ・ゲーム好き以上に意外な趣味が

(文/しらべぇ編集部・タカハシマコト データ提供/TENGAヘルスケア

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
・期間:2017年9月25日〜2017年9月28日
・対象:全国15歳〜64歳で自慰経験のある男性2,000名に調査
(データはTENGAヘルスケア社による)

この記事の画像(3枚)

関連記事

人気記事ランキング

アルバイト募集中 WEBエンジニア募集