え、今日の飲み会座敷なの!? 靴を脱ぎたくない3つの理由

忘年会シーズン、「座敷」のお店になることって意外に多いですよね…。

(TAGSTOCK1/iStock/Thinkstock)

大人数の飲み会になると、座敷に案内されることも多い。くつろぎやすく、個室感もあるため宴会にはぴったり。

しかし、座敷席には「靴を脱ぐ」という大きいハードルがあるのだ。

 

■靴を脱ぎたくない!!

しらべぇ編集部が全国20歳〜60代の男女1,328名を対象に「座敷など、靴を脱がないといけない飲食店」について調査したところ、全体の28.9%の人が「冬に行きたくない!」と回答。

特に多いのは、若い女性だ。

30代・40代の3割以上、20代に至っては4割以上の女性が、冬は座敷を避けたいと思っている。

なぜ、女性たちはそこまで「靴を脱ぐ店」を嫌うのだろうか。

 

①靴を脱ぐのがめんどくさい

「冬はロングブーツをよく履くので、脱ぐのがめんどくさくて。他の人を待たせちゃうのも気になるし、自分自身も手間だし。

 

座敷だと知らなくて、編み上げタイプのブーツを履いて行った時は地獄でしたね…。周りから白い目で見られるし、下駄箱には入りきらないし。まあ、事前に分かっていたらブーツ以外の靴を選ぶなど、工夫します」(30代・女性)

 

②靴の中が恥ずかしい…

「冷え性なので、冬は厚手の靴下重ねばきに足用ホッカイロ。お店に着いて、座敷だった時は絶望しますね、『これを見せるのか!』って恥ずかしくて。先にお手洗いに行ったり、靴と一緒に靴下も脱いだり、なんとかばれないように頑張りますが。

 

私の足って臭くないかな、とかも気になるし、できるだけ座敷はやめてほしいです」(40代・女性)

 

③他人の足が嫌

「座敷席って、どうしても距離が近くなるじゃないですか。ふとした拍子に1日履き古した他人の靴下が自分の足に触れてくると、ぞっとする。

 

なにより、上司の足が…臭くて。本当に臭くて。食事どころじゃなくなります。

 

なるべく椅子のお店を選ぶようにしてますが、たまに新人とかが幹事だと、座敷選んだりするんですよね。翌日、吊るし上げです」(20代・女性)

 

これから忘年会などで冬に幹事をするときは、「靴を脱がないでいい」店を選んだほうが、みんなからの評価が上がるかも。

・合わせて読みたい→実際どうなんだ?女性の35.5%が自分の足はクサくないと思っているそうです・・・

(文/しらべぇ編集部・たつき あつこ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年11月17日~2017年11月20日
対象:全国20代~60代の男女1328名(有効回答数)

この記事の画像(2枚)

あなたにオススメ