今年のイブは日曜日! クリスマスが楽しみな大人はどのくらいいる?

クリスマス意識調査を実施

ライフ

2017/12/14 08:00

(M-image/iStock/Thinkstock)

いよいよ師走も折り返し、年末年始に向けた準備で目も回るほど忙しい季節がやってきた。街路樹はキラキラとイルミネーションが輝き、街中のディスプレイもクリスマスカラーに。

クリスマスは恋人がいる人にとっても、また、子供のいる家庭にとっても、一年のうちで大きなイベントのひとつ。そろそろプレゼントの準備やケーキの予約、ツリーなどの飾り付けを始めた人も多いはず。

そんなリア充とは逆に、クリスマスを一緒に過ごす相手がいないと、周りがクリスマスムードで盛り上がる中、自分はひとりぼっちで楽しく過ごすことができないつらさに、打ちのめされてしまう人も少なくない。

 

■クリスマスは好き?

しらべぇ編集部では、全国20~60代の男女1,328名を対象に、クリスマスに関する意識調査を実施した。

結果、クリスマスが「大好き」と答えたのは15.6%、「まあまあ好き」の48.6%と合わせると、およそ3人に2人が好意的に思っているようだ。

一方で、「あまり好きではない」は25.9%、「嫌い」と回答したのは9.9%だった。

 

■男女別でクリスマス好きを比べると…

性別・年齢別で、クリスマスが「大好き」「まあまあ好き」と回答した人を比べると、女性は全年代とも7割程度に対し、男性で一番高かった20代でも60%台で、40代男性では半数を下回り42.0%だった。

2017年のクリスマスイブは日曜日と、家族や友人、好きな人とケーキを囲んで素敵なパーティーを開くには絶好の機会。

あとは、子供達だけでなく、大人もサンタさんから欲しいモノがもらえると大満足なのだが…。

・合わせて読みたい→「クリスマス大好き!」という人の割合を調査…20代では男女で2倍の大差!

(文/しらべぇ編集部・小河 貴洋

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年11月17日~2017年11月20日
対象:全国20代~60代の男女1,328名(有効回答数)

この記事の画像(3枚)

あなたにオススメ