しらべぇ

山形県出身の女子大生を初めて『美ら海水族館』へ連れて行った結果

冬の沖縄は雨に気をつけないとゲンナリする可能性が大

ライフ

日本のもっとも西に位置する、青い海とはればれとした空をイメージする、沖縄県。

冬のシーズンはツアーの旅費も安くなることから、学生をはじめとした若者が冬休みに沖縄へ旅行することが多くなる。

 

■女子大生と沖縄ツアーへ

しらべぇ編集部でインターンとして働く、山形県出身の素朴な女子大生・加賀谷さんもその一人で、最近石垣島へ行ったのだが運が悪くずっと雨で、沖縄の自然と満喫できなかったそうだ。

居酒屋でバイトもしたお金を使って行ったのに、それは超気の毒…ということで、特別企画として「初めて沖縄本島へ山形県民の女子大生が行ったらどれだけ楽しいのか」という記事を書いてみることにした。

 

■念願の美ら海水族館に到着

ということで、加賀谷さんが「ココ行きたいです!」と熱望していた、沖縄県北部にある『美ら海水族館』へ到着! しかし、加賀谷さんの顔はあまり嬉しそうではない…。

なぜならば、悲しいことに天気はどんよりとした曇り空。美ら海水族館は晴れていたら沖縄の絶景も楽しめる水族館なのに、曇りなので景色はいまひとつだからだ。

「ココ冬の日本海じゃないですよね!?」とそのうち言われそうな気がしたので、言われないうちに中に急いで入る。

 

■館内はわりと楽しい

屋内に入ればニュルッとしたナマコを触れたり…

沖縄の海に生息する生き物たちを間近で見られるので、かなり喜んでいる加賀谷さん。

 

■やっぱり天気が気になっていた女子大生

そのあともなんとなく楽しそうにしていたものの、イルカのプールの前に座ると

「沖縄っていっつも天気悪いんですか…? 青い海でイルカが元気よく泳いでいるイメージだったんですけど…」

 

と、やっぱり天気が悪いことを残念がっているようだ。

 

■お昼ご飯にもダメ出し

 

「それに、お昼ご飯もなぜか謎の像がある店で買ったいなりずしだけでしたよね…いや、美味しいんですよ。でも、車内でいなりずしは正直さみしかったです…」

 

す、すまん…A&Wとかジェフにしておけばよかったよね。でも沖縄いなりは美味しいからオジサン食べてもらいたかったんだよ。スマン…。

 

■帰りも雨と渋滞のダブルパンチで最悪な状況に

ほかにやることもないため美ら海水族館から宿泊先の那覇へ帰ろうとすると、一気に大雨が。ドライブ中もどんよりした気分になり、車内は完全な無言に。

さらに那覇名物の渋滞にも巻き込まれたため、道中なにもすることができず夜に。

ホテルの部屋に戻ってもすることがないので、たまたま通りがかったツタヤで何か沖縄らしいビデオかCDを買うか借りることにした。

 

■沖縄音楽をツタヤで借りようとするも…

よーし、おじさんおススメの沖縄音楽、イクマあきらさんの『ダイナミック琉球』を借りてせめて音だけでも沖縄の自然を感じられるようにしちゃうぞい!

って全部借りられてるじゃねえかーッ! やっぱりダイナミック琉球は人気なんやな! とひとりで喜んでいたが、加賀谷さんは嬉しくなさそうだ。

ほかのおススメをツタヤの店員さんに聞くと、最近イルカが出てくるドキュメンタリー映画をVRゴーグルと一緒にレンタル開始したらしい。

個人的に大人の男性が好きそうなジャンルもあったためそっちを借りたかったが、完全にセクハラになりそうだったのでおとなしくその映画『ドルフィンマン』を借りてみた。

ちなみに、店員さんによると沖縄県では国場店と伊祖店で借りられるそうだ。あとからサイトを見たら東京でも中目黒店で借りれるらしいのだが、見なかったことにした。

 

■VRゴーグルを着ける女子大生のいいですね感がパない

さっそくホテルの部屋へ行き、せめてイルカとたわむれられるかもしれないVRを見てもらうことに。

ぶっちゃけ映画の内容よりも、女子大生がVRゴーグルを着けている姿の「あら、いいですねぇ」感がハンパじゃなかったため、新たな趣味に目覚めそうになった。

ちなみに、VRはこんな感じの映像が見えるらしい。確かにツタヤの店員さんがおススメするだけあり、かなり美しい映像だ。ロケ地が沖縄ではないのは、この際、目をつむっておこう。

 

■おにぎりを食べて東京へ

最後に空港でポークたまごおにぎりを食べ、東京へ戻る。

「なんか、ご飯いなり寿司とかおにぎりみたいなファストフードばっかりじゃなかったですか!? 私が自腹で行ったときも沖縄そばぐらいは食べましたよ!」

 

と最後も突っ込まれたが、聞かなかったことにした。冬の沖縄は意外と雨が多いため、何回か行ってもずっと雨ということも珍しくない。

 

■冬の沖縄で気をつけたいこと

今回は美ら海水族館以外ノープランというありえないプランだったが、これから行く人は雨天のときに行く場所もいくつか考えてから行ったほうがいいだろう。

・雨天用スケジュールを組むべし

 

・美ら海水族館は那覇空港から非常に遠いので、行くなら1日かけてゆっくりと行くべし

 

・那覇周辺は時間によってはかなり渋滞し、眠くなる可能性があるので休憩は数回とるべし

 

・ダイナミック琉球は人気なのでレンタルがない場合があるためamazonミュージックとかでダウンロードしておくべし

 

・どうしても青い海が見たかったら、ツタヤでVRゴーグルを借りるべし

 

・安いからといって国際通りから微妙に遠いホテルを選ぶと、飯に困る可能性があるので、立地はきちんと見ておくべし

 

・金がなくても、いなり寿司やおにぎりばかり食べると、連れてきた人に怒られるのでやめておくべし

 

・かなりマイルがたまるので使う航空会社のマイレージカードは作っておくべし

 

以上を守れば、きっと冬でも快適な沖縄ライフが送れると思う。それでは、良い沖縄旅行を楽しんでくれ!

・合わせて読みたい→沖縄県民は島唄より好き?イクマあきら『ダイナミック琉球』が名曲すぎる

(取材・文/しらべぇ編集部・熊田熊男 取材協力/TSUTAYA国場店)

この記事の画像(19枚)

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu