しらべぇ

苦労人・岡井千聖「カスな男しかいない」 父が原因の男性不振に同情の声

『有田哲平の夢なら醒めないで』で元℃-uteの岡井千聖が極貧の幼少時代が凄すぎる

エンタメ

8歳から芸能活動を開始、所属していたハロプロのアイドルグループ・℃-uteが6月に解散した岡井千聖(23)が、12日深夜放送『有田哲平の夢なら醒めないで』(TBS系)に出演。

不遇な幼少期と独特の男性観を告白し、話題となっている。

(画像は『有田哲平の夢なら醒めないで』公式Twitterからのスクリーンショット)

 

■幼少期のトラウマから…

「会社にバレたらとんでもない仕打ちを受ける」ため、厳守してきた恋愛禁止だが、解散を機にアイドルを卒業し恋愛解禁となった岡井。非常に厳しい理想の男性の条件を挙げるが、それには不遇な幼少時代が関係している。

弟と妹5人兄弟の長女の岡井。自分は、押入れにカプセルホテルのように布団を敷いて生活。水道が止められ、目の前のスーパーで「10円のアメを買って」トイレを借り、給食費は自分の小遣いから支払うなど、極貧生活を経験してきた。

だからこそ、「お金に困らないで過ごしたい。子供にこんなつらい経験をさせたくない」から、年収2000万円以上の男性が理想だと明かす。

 

■現在も極貧?

現在進行形で両親から、ガス代や弟の幼稚園の費用を請求されるなど、貧乏生活が継続していると告白。

芸歴16年目、3年前まで給料を親に預けてきたが、「お金なんて貯まるもんじゃない」と貯金がないことを伝えられ「まっさらだった」と嘆いた。

 

■父は「異常な浮気者」

さらに男性に「GPSを持たせたい」という岡井だが、これも「異常な浮気者」の父親の影響。

岡井は「母親と協力して子供5人で父親の行動を監視」してきた。10歳の頃、母と一緒に父を探しに外へ出ると、自宅の駐車場で浮気相手とイチャつく父に対面。

高校時代には地元を歩けば複数の浮気相手に遭遇するなど経験し、男性不振が募る。「男ってそういう(浮気する)生き物。生きれないの、女は幸せに」と熱弁をふるった。

 

■東尾理子に反論

石田純一(63)の妻・東尾理子(42)が「幸せになれるから」と慰めるも、「一番説得力がない。『最後自分の所に帰ってくればいい』っていう人は頭がおかしい。カスな男しかいない」と反論。

根深い岡井の男性不振だが、そうなるのも仕方がないこれまでの境遇に、同情の声が集まっている。

 

■16.2%が「毒親に育てられた」

しらべぇ編集部で全国20~60代の男女1,371名を対象に「毒親に育てられたと思う」か調査、全体の16.2%が「育てられた」と回答した。

毒親

岡井の両親も他人から見れば「毒親」に見える。しかしそれでも岡井にとっては大切な存在なのだろう。別番組では、貧乏で苦労させられたが「仲の良い家族」として、たびたび岡井のトークに登場しているのも事実。

「毒親をネタにする」逞しい岡井が理想の男性と出会い、幸せな家庭を築き上げることをファンは願っている。

・合わせて読みたい→ピース又吉、岡井千聖の呼び捨てにドキドキ? 「意外な女性の好み」が発覚

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2015年11月20日~2015年11月24日
対象:全国20代~60代の男女1,371名(有効回答数)

関連記事

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu