しらべぇ

「お前、なんかやれよ!」 職場の忘年会の一発芸で逆襲する人も

職場の忘年会や新年会で、一発芸をやったことがある人は、意外に多い?

人間関係

(kuppa_rock/iStock/Thinkstock)

いよいよ12月も半ば。毎週・毎日のように、忘年会に繰り出している人もいるのでは。

しかし、会社の忘年会では謎の行事「一発芸」が行なわれることも…。

 

■一発芸の経験ある?

しらべぇ編集部が全国20代〜60代の有職者男女661名に調査したところ、「会社の忘年会や新年会で一発芸をやらされた」経験がある人は、全体の22.1%。2割以上の人は、なにかしらの芸を披露させられているのだ。

性年代別で見てみると、どの世代でも男性のほうが多め。

「今時の若者」の20代は少ないのでは? と思いきや、男女の差はほぼない上に4人に1人は一発芸経験者という結果に。

以前の調査で、「会社の忘年会・新年会」について調査した際、49.0%の人は「行きたくない」と回答している。一発芸で嫌な思いをするくらいなら、行きたくない…と思っている人は少なからずいそうだ。

どんな一発芸をさせられたのか、話を聞いてみた。

 

①新入り社員は「全員必須」

「前にいた会社では、忘年会は居酒屋などではなく、大きな会議室にケータリングを頼んで行なう形式でした。それ自体はお金もかからないし、気楽だし、お酌もしなくていいし、いいんですが…。

 

その年に入った社員は、自己紹介&一発芸をしなくちゃならなくて。去年は何をやったとか、みんなが何をするのかとか、一生懸命リサーチしたうえでやった一発芸は、ドンズベリ。

 

何をやったかも言いたくない、思い出したくもない」(20代・男性)

 

②カラオケの持ちネタがないと「つまらないやつ」扱い

「会社の忘年会は、毎年カラオケ付き。副社長がまず、振り付きで最新ジャニーズを歌い踊り、続いて女性社員がAKBなどの完コピを披露。

 

カラオケとか大嫌いなので静かにしていたら、『お前もなんかやれよ』。歌は下手だし、持ちネタなんかないし…とオロオロしていたら『つまんないやつだな』と一言。

 

次の年からは、同期に声をかけてネタを仕込んでから挑んでます」(30代・女性)

 

③無茶振りしてきた上司を

「同期の女性に、『お前、一発芸でもやれよ!』と普段からめんどくさい上司が絡んできたんです。そしたらその人、急に満面の笑みを浮かべて。

 

『私、芸人さんみたいにいい音の平手打ちが出来るんです〜』と宣言し、そのまま上司をビンタ。確かにいい音してました」(20代・女性)

 

ほかにも、モノマネや手品など、小ネタを仕込んでおいた…という人は多く、その結果「ノリのいいやつ」として仕事がやりやすくなったという人も。

酒の席での無茶振りに対応できるよう、何か用意しておくのもアリかもしれない。

・合わせて読みたい→【無礼講は嘘】忘年会「上司の仕事話」にイラッとする割合は…

(文/しらべぇ編集部・たつき あつこ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年11月17日~2017年11月20日
対象:全国20代~60代の有職者男女661名(有効回答数)

この記事の画像(2枚)

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu