元NMB48須藤凛々花「炎上騒動で強いストレス」 医師から深刻な指摘も

結婚宣言による炎上騒動でストレスを感じていたという須藤凛々花が、当時の状況を明かす

エンタメ

2017/12/12 18:00

須藤凛々花

今年6月に行われた『第9回AKB48選抜総選挙』にて、恋愛禁止のアイドルグループにおいて前代未聞の「結婚宣言」をしたことで大きな話題となった、元NMB48のメンバー・須藤凛々花。

そんな彼女が、11日放送の『名医のTHE太鼓判!』(TBS系)に出演。総選挙以降、相次いで炎上騒動を引き起こしたが、その際に「強いストレス」を感じていたことを告白し、話題となっている。

 

■炎上騒動に「強いストレス」

11日、同番組は「ストレスで寿命は縮まるのか余命宣告SP」と題した3時間スペシャルを放送。

須藤はその中で、今年6月の総選挙以降「結婚宣言」に対する批判を浴び、彼女の言動が度々インターネット上で炎上していることが「ストレスになっている」とコメント。一時期は食事が喉を通らないほど強いストレスを感じていたという。

また、現在実家暮らしだという須藤の食生活に同番組が密着すると、母の手料理にはほとんど手を付けず、千切りキャベツだけを食べる異様な光景が収められていた。

これもストレスによる影響か……と思われたが、現在は「バストアップ」を意識した食事をしているそうで「(キャベツは)痩せながら胸が大きくなる食材として有名なんです。貧乳女子の間では常識です」とキャベツに執着する食生活の理由を明かした。

 

■「妊娠・出産に影響」医師が指摘

キャベツを大量に食べ、バストアップや体型維持を意識している須藤だが、医師らは須藤の食生活に警鐘を鳴らす。

医師はまず「キャベツを食べることで太りにくくなる」としながらも「胸が大きくなる」効果を否定。また彼女がBMIわずか16.8の低体重であることに着目し「妊娠・出産に影響が出る」と警告。

なお、今回のテーマである「ストレスで寿命は縮まないのか」という点において、「炎上騒動でのストレス」を抱える彼女の寿命年数は60年と算定され、出演者9名の中でもっとも長い年数となった。

次ページ
■「炎上がストレス」発言に批判の声も

あなたにオススメ