しらべぇ

寒くないの!? 冬でも冷たいものを「ゴクゴク」いきたい人たち

温かい飲み物もいいけど、乾燥するこの時期だから…

ライフ

(Comstock/Stockbyte/Thinkstock)

気温がグッと下がり、温かい飲み物が恋しくなる季節。

しかし、「寒くても、冷たいものをゴクゴク飲む!」という人も。

しらべぇ編集部では、全国の20~60代の男女1,354名を対象に「冬でも冷たいものを飲む」か、意識調査を実施した。

■意外と冬でも冷たいもの

全体では「よく飲む」19.2%、「まあまあ飲む」19.2%、「たまに飲む」23.0%で「冬でも冷たいものを飲む」派は過半数の61.4%。

一方、「あまり飲まない」15.1%と「ほとんど飲まない」23.4%で、「冬に冷たいものは…」派は38.6%という結果に。

男女別では

「よく飲む」「まあまあ飲む」「たまに飲む」と回答した「冬でも冷たいものを飲む」派の割合は、男性が67.0%に対し、女性は55.9%と男性が10ポイント以上高め。

 

「冬でも冷たいものを飲む」派の性別・年代別データを見てみると、

男性は60代でグッと下がるものの、むしろ50代までは上昇。逆に女性は、年代が上がるごとに減少する傾向だ。

女性は冷えを気にする人が多いだけでなく、飲みものに限らず、「女性は体を冷やすものは、控えたほうがいい」と言われがちなことも、関係がありそう。

 

■冬は乾燥するから?

実際に「冬でも冷たいものをよく飲む」という人に、話を聞いた。

「季節に関係なくビールやハイボールなど、冷たいお酒をよく飲むせいもあって、寒いからといって、『冷たいものは、ほしくない』って感じにはならないです。

 

大きなグラスに飲みものをたっぷり入れて、ゴクゴク飲むのが好き。温かいものって、ゴクゴクはいけないし、冷たいものは多少ぬるくなっても平気だけど、熱いほうが美味しいものって、どんどん冷めて味が変わるのがイヤなのかも。

 

気分によって、熱いお茶やコーヒーを飲むことはありますけど、基本的には冷たい飲みものを選びますね」(30代・男性)

 

「母親にも『せめて常温にしなさい』と言われるんですが、子供の頃から冷たいものを飲むのが好きなんですよね。氷を入れて、キンキンに冷やしたものをゴクゴクいくのが、気持ちいい。

 

代謝のためにも、水分をたっぷり摂りたいと思うと、熱いものはゆっくりしか飲めないし、ぬるいとイマイチ入っていかないんですよ。それに冬って外も乾燥しているし、部屋の中も暖房で乾燥しがち。だから余計に、冷たいものを一気に飲みたくなっちゃう。

 

冷え性の友達から『見ているだけで、こっちが寒くなりそう』って言われるんだけど、冬でも冷たいものを飲むのは止められません」(20代・女性)

 

確かに、体を冷やしすぎるのは良くないが、寒い季節にもアイスクリームが人気のように、暖かな部屋でゴクゴク飲む冷たいものは、ちょっぴり贅沢な気分にさせてくれるのかも。

・合わせて読みたい→冬は怠りがちな体臭対策「古い油みたいなニオイする人いる」の声

(取材・文/しらべぇ編集部・くはたみほ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年9月29日~2017年10月2日
対象:全国20代~60代の男女1354名(有効回答数)

この記事の画像(3枚)

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu