しらべぇ

疲れたときのお風呂 「必ず入る派」と「止めとく派」の特徴とは

疲れて帰宅したときに、風呂に入るか寝るのか悩むところ…

ライフ

(itakayuki/iStock/Thinkstock)

仕事で帰りが遅くなったときは、すぐにでも横になりたいのが本音だろう。しかし家では、毎日のルーティーンである「風呂」が待っているのだ。

 

■「みんな毎日風呂に入るものなのでは」との声

しらべぇ編集部では全国20〜60代の男女1,336名に、「どんなに疲れていても、風呂に入ってから寝たい」かどうかの調査を行なった。

疲れていても風呂グラフ

全体では半数以上の人が、疲れていてもお風呂に入りたいと考えていることが判明した。

「みんな、入るものじゃないの? 1日動いたら、汗もいっぱいかいて汚いと思うんだけど…」(20代・女性)

 

「仕事で遅くなったときには、すぐに寝たい気持ちもある。でもお風呂に入ったほうが、疲れが取れるから」(30代・男性)

 

■お風呂は嫌いだけれど仕方なく入っている派

一方で、4割近くの人は、疲れてるとお風呂には入らないのだ。その中には、あまり風呂が好きでない人もいる。

「体や髪を洗うなどやることが多いので、元からお風呂はあまり好きではない。面倒に思いながらも仕方なく入っているので、当然、疲れているときには嫌になる」(30代・男性)

 

「『汚れた体で、布団の中に入りたくない』なんて神経質な友達がいるけど、1日くらい入らなくても、別にどうってことないと思う」(20代・男性)

 

■テレビを観過ぎて風呂に入る時間がない

テレビを録画して視聴している人は録画しない人と比べて、10.5ポイントも多くなっている。

疲れていても風呂傾向別グラフ

録画をしてテレビを観る人は、空いた時間を活用している形だが、気になって観始めると止まらなくなるのかも。

また、一方でリアルタイムでテレビを観る層には、だらだらと観続ける人も多いもよう。

「高齢者しかテレビを観なくなって…と言われているけど、うちの母がそんな感じ。テレビに夢中になりすぎて、お風呂に入るのが遅くなる日や、入らない日もある。

 

テレビのせいで寝るのも遅くなっているし、ほどほどにして欲しい」(40代・女性)

 

忙しい人が多い、今の時代。入浴を30分から1時間程度かかるタスクだと考えると、風呂が好きな人と嫌いな人で優先度が変わるのは納得がいく。

・合わせて読みたい→バスタイムは好き?風呂嫌いなのに銭湯好きがいる不思議も

(文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年9月29日~2017年10月2日
対象:全国20代~60代の男女1,336名 (有効回答数)

この記事の画像(3枚)

関連記事

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu