オードリー春日、現状を「やってられない」 密着取材で漏らした本音に「闇が深い」の声も

『グレートパパラッチ』でオードリー春日俊彰に密着。名言と闇深発言に視聴者驚愕

フィンスイミングやボディービル、東大受験など多方面で活躍するオードリー・春日俊彰(38)に、10日放送『グレートパパラッチ』(日本テレビ系)が3日間ぶっ通しで密着取材。

春日が普段見せない「素の表情」に視聴者から驚きの声が上がっている。

(画像は日本テレビ『ヒルナンデス!』公式Instagramからのスクリーンショット)

 

■春日の一番のファンは春日

現在のレギュラー番組は11本、早朝から深夜まで働き詰めの日々を過ごす人気者の春日。相方の若林正恭(39)も「メディアの犬」と評する春日は、ラジオでもいつもの七三分けとピンクベストで出演するなど、仕事に対して常に全力投球だ。

そのスタイルは「若林くんが考えた。自分が考えたことはひとつもない」と、あくまで「春日」というキャラクターを演じていると明かす。

仕事の合間にジムで身体を鍛えるが「趣味じゃないから楽しくない」、仕事と強調。「テレビに出ているのが春日。春日の一番のファンは春日。本当の春日はどこにいるのかわからない」と真剣に答える。

 

■春日の苦悩

「唯一癒してくれる後輩」ウーマンラッシュアワー・中川パラダイス(36)と酒を飲んだ帰り道、いつもより饒舌になった春日。

なぜそこまで頑張れるか問われると「今の春日が未来の春日にプレゼントしている、未来の春日を喜ばせたい」。名言が飛び出すが、打ち解けてきたスタッフに次第に本音が漏れだす。

「そう考えると他のことを考えなくなる。自分の意識をとばさないとやってられない。勉強して運動して合間にちょこっとお笑いやって、どういう状況なんだよ。(自分は)何者なんだよ」と現状への苦悩を口にした。

次ページ
■視聴者も賞賛

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ