自称視聴率女王・上西小百合が考えた企画「フィフィとガチバトル」に批判殺到

『EXD44』で元議員・上西小百合が高視聴率企画としてフィフィとの直接対決を提案

(画像は上西小百合Instagramからのスクリーンショット)

数々の炎上発言で世間を騒がせる元議員・上西小百合(34)が、10日深夜放送『EXD44』(テレビ朝日系)に出演。

どうしても視聴率が欲しい番組ディレクターが、自身のツイッター上で「視聴率女王」を自称する上西にオファー。上西が考える「高視聴率企画」を撮影することに。

■採用された企画は…

上西は「視聴者が見たことのない」企画として、「みんなが私を褒めあう」「かわいいインスタ写真講座」など次々に提案。最終的に「私に文句言ってるやつとテレビでガチケンカ」企画が採用された。

上西が思う「文句を言っている人たち」は、土田晃之(45)、東国原英夫(60)、カンニング竹山(46)、サンドウィッチマン・伊達みきお(43)。しかし土田は裏被り、他の3人は「ガチで企画NG」で出演者が決まらない。

そこで、ツイッター上で上西とぶつかり合ってきた外国人タレント・フィフィ(41)に急きょ出演を依頼。

フィフィは「(断った4人は)正しい。私は優しいからアドバイスしに来た」、上西は「本当にありがたい。今までテレビで見たことない映像が撮れれば」と互いの意気込みを語りガチバトルが始まった。

 

■ガチバトル開始

完全個室内で2人きりで顔を合わせ、酒を飲みながらスタート。上西が「薄っぺらい知識で政治を語る」とフィフィにチクリ。しかし、ここからフィフィ優位のターンが続く。

「ずっと勘違いしている。あれくらいのテンションで発言すれば、誰でも注目される」「議員としての姿勢が望ましくない」、上西はこれに必死に反論するが、次第に上西の元秘書(現在はマネージャー)の話題に。

「あなたを作ったのは元秘書。いなかったら別にただの人、全然つまんない」、押され気味の上西はいったん席を外し元秘書と密談。事態は急展開を迎えた。

次ページ
■オチは茶番?

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ