しらべぇ

現役薬剤師グラドル・松村加南子 「カメラを向けられるとスイッチ入っちゃう」

ミス「アラサーちゃん」グランプリ、壇蜜似の現役薬剤師がグラビアデビュー!

エンタメ オトナ

現役の薬剤師で、「ミスアラサーちゃんコンテスト」グランプリに輝いたGカップ美女・松村加南子ちゃんが、グラビアデビューとなるイメージDVD『恋の処方箋』(竹書房)をリリース。

東京・秋葉原で行われた発売記念イベントを、しらべぇ編集部も取材に訪れた。

 

■カメラを向けられるとスイッチが

ファーストDVDとなる今作は、9月にタイのプーケットで撮影されたもの。

初めてのグラビア作品を撮り終え、「映っているのが自分じゃないみたいです。すごく楽しくて、夢のような時間でした。普段カメラを向けられるのはどちらかというと苦手なタイプなんですけど、撮影ってなると大胆になれるというか、スイッチが入るみたいです」と感想を残した。

 

■現地の薬局を借りて撮影

現役の薬剤師であり、スポーツファーマシストの資格を持つ加南子ちゃん。

本編にはそれを活かした設定も取り入れられているそうで、「プーケットの薬局を借りて撮影したんですよ。よく見えるとタイ語が書いてあります(笑)」と普通はなかなか見られない凝ったシーンも。

 

■「アラサーちゃん」にシンパシー

「ミスアラサーちゃんコンテスト」とは、アラサー世代の男女の日常を赤裸々に描いた人気漫画『アラサーちゃん 無修正』(扶桑社)の単行本発売を記念し、全国からリアル版アラサーちゃんを探すというもの。

自身がアラサーということもあり、「元々アラサーちゃんが大好きで、Gカップ・横浜出身・同い年(当時)と共通点も多く、シンパシーを感じていたんですよ。それまで芸能のお仕事とかはしたことなかったんですけど、そこで初めて応募してみました」ときっかけを語った。

 

■壇蜜に似ている?

妖艶なルックスと漂う知的なオーラからか、雰囲気が壇蜜に似ていると指摘されると、「昔からよく似ていると言われるんですよ。アラサーちゃんって壇蜜さんがドラマの主演をされていたので、そこにもちょっとシンパシーを感じていて…でも、元々こんな感じです」と答えた加南子ちゃん。

今後のグラビア活動については「雑誌に出たりとか、写真集を出すのが夢です。もっと頑張りたいですけど、職場にバレたら恥ずかしいですね(笑)」と笑った。

 

【松村加南子(まつむら・かなこ)】

1985年10月30日生まれ/T161・B92(G)・W59・H89/血液型:型/神奈川県出身/趣味:旅行、ダイビング/特技:ダンス

・合わせて読みたい→注目の新人グラドル・メイリ 迫力のIカップを揺らし初DVDを大胆アピール

(取材・文/しらべぇ編集部・びやじま

この記事の画像(6枚)

人気記事ランキング

アルバイト募集中 WEBエンジニア募集