しらべぇ

「不育症」で流産を繰り返し… ドラマ『コウノドリ』の繊細な心の描写に視聴者号泣

流産を繰り返し、深い悲しみに暮れる夫婦。繊細な心の描写に多くの視聴者が涙。

エンタメ

コウノドリ

妊産婦を取り巻く環境や、その心情を細やかに描き「生命誕生の奇跡」について改めて考えさせられるTBS系ドラマ『コウノドリ』。

8日放送の第9話では、3度の流産を経験し「不育症」に悩む夫婦にスポットが当てられた。深い悲しみに暮れる夫婦に、産科医の鴻鳥サクラ(綾野剛)や助産師の小松(吉田羊)たちが真摯に寄り添う。

 

■3度目の流産…悲しみに暮れる夫婦

診察の前に顔を見合わせるサクラと小松。診察に訪れたのは、過去に2度の流産を経験している妊婦・篠原沙月(野波麻帆)と夫(高橋光臣)。

神妙な面持ちでサクラが内診を行うと、妊娠中の赤ちゃんの心拍が確認できず、沙月は「3度目の流産」を告げられてしまう。この現状に沙月は自ら「不育症」を疑い、検査を受けることを決断。

一方、ガンを患いながら能登で産婦人科医を続ける四宮の父(塩見省三)が再び倒れ、産科医の四宮(星野源)は能登へ急行。父の病室を訪れると、父が担当していた妊婦の容態が急変したとの連絡が入った。

 

■四宮緊急カイザー、4度の目の妊娠

妹(相楽樹)の制止も聞かず「俺が手術をする」と言い張る父。その状況に四宮は緊急カイザーを買って出る。無事、手術を終えると父は「まだまだ、お前には負けんぞ……ありがとな」と四宮の手を固く握った。

一方、沙月の不育症の検査の結果は全て正常という結果に。「原因がわからない」ことに戸惑う篠原夫婦に対し、サクラは「出産できる可能性がある」ことを説明。

サクラからの言葉に、沙月は緊張の糸が切れたように泣き崩れ「妊娠することが怖い」という心情を吐露。

その後、夫やサクラたちのサポート受けながら沙月は4度目の妊娠を果たし、初期の検診において経過は良好。彼女に再び笑顔が戻っていった。

 

■辛い流産を3度も…視聴者号泣

最初に妊娠した子の母子手帳を大切に保管していた沙月。流産を経験した女性の深い悲しみや、心の描写が繊細に描かれていたことに、視聴者からは共感の声が続出している。

中には、流産を経験した人からの体験談も。

 

■「全てのお産は奇跡」男女で意識の差

しらべぇ編集部が全国の20~60代の男女1,348名を対象に「全てのお産は奇跡だと思うか」調査を行ったところ、男女で割合が大きく異なる結果に。

お産は奇跡グラフ2

しかしながら、男性の中では20代が最も高い割合を占める。共働き世帯が主流となった昨今、男性の育児参加が必須となる中で、男性もパートナーの妊娠時期~出産に対する感心も高まっていくのかもしれない。

次週では、医学の発達により悩ましい問題となっている「出生前診断」がテーマに。サクラたちや妊婦やその家族たちが、命とどう向き合っていくのだろうか…。

・合わせて読みたい→『コウノドリ』人工死産の後に我が子を抱く母 ネット上にあふれた言葉は…

(文/しらべぇ編集部・もやこ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年8月25日~2017年8月28日
対象:全国20代~60代の男女1348名(有効回答数)

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu