しらべぇ

テレビが家から消えたら困る? 男女で意識の差が顕著に

家からテレビがなくなったら困るか調査してみたところ…

ライフ

(Didier Kobi/iStock/Thinkstock)

近年はネットの影響もあり、テレビを家に置かない世帯が増えているという。一方で、「家にないと困る」と考える人も根強く存在している。

では実際、テレビが家から消えたら困る人はどれくらいいるのだろうか。

 

■テレビが自分の家から消えたら困る?

しらべぇ編集部では全国の20代〜60代のテレビ所有者1,206名に、テレビの必要性について調査を実施。

結果、「自分の家からテレビが消えたら困る」と答えた人は、64.6%。テレビの必要性を感じている人は、まだまだ多いといえるのではないだろうか。

 

■性年代別に見ると…

次に「家からテレビが消えたら困る」と答えた人を性年代別に見てみよう。

全体的に「消えたら困る」と考えている人が多いが、20代男性は50.0%と低い割合に。また、40代男性も50.8%と低め。

20代男性はネットでこと足りている、そして40代男性は仕事も家庭も忙しく、自由にテレビを見る機会が少ない…などが理由として考えられる。

一方、女性は20代でも67.5%が「消えたら困る」と回答。同世代男性と比較すると17.5ポイントの差がつき、性別で意識の差が顕著になった。

 

■必要論者に聞いてみると…

テレビをなぜ必要だと思うのか、20代女性のMさんに話を聞いてみた。

「私はネットもテレビも好きなのですが、ネットの話題ってテレビ番組に関するものが多いし、テレビを見ながら、SNSで『あーだこーだ』と議論するのが楽しい。

 

なので、家からテレビがなくなってしまうのは、かなり困る。ネットの普及でテレビ離れが進んでいるといわれますが、逆にテレビの必要性が高まったような気すらしています」

 

テレビを見ながら、ネットでその内容について話す。これが「現代のテレビの楽しみ方」なのかもしれない。

・合わせて読みたい→マナー違反? 文化? 食事中にテレビを観る人の割合が驚愕の結果に…

(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年11月17日~2017年11月20日
対象:全国20代~60代のテレビ所有者1,206名(有効回答数)

関連記事

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu