しらべぇ

動画アップ経験者はわずか…「ユーチューバーはキッズ向け」が原因か

身近な存在のYouTubeだが、自ら動画をアップする人は少ない。

ライフ

YouTubeに動画をアップ

(©ぱくたそ)

ユーチューバーが注目される現在。そうした流行に影響され、自分の動画をYouTubeにアップする子供もいるという。

そこでしらべぇ編集部では、全国20〜60代の男女1,336名に「YouTubeについて」の調査を実施。「YouTubeに動画をアップしたことがある」と答えた人は、全体で11.9%だった。

大人には、ユーチューバーの影響は少ないようだ。

 

■ユーチューバーのまねは将来の黒歴史か

若い人ほど、YouTubeを活用している人が多くなっている。

YouTubeに動画をアップグラフ

やはりユーチューバーの人気が、影響をしているのだろうか。

「甥っ子がユーチューバーのまねをして、動画をアップしている。観ているほうが恥ずかしいくらいの出来で、将来は黒歴史になりそう。けど本人は楽しそうだから、温かく見守っている」(40代・男性)

 

撮影や編集の技術が、将来の役に立つかもしれない。

 

■YouTubeは観るものとの声

若い人に多いといっても、20代でも2割程度しか動画をアップした経験がないのだ。YouTubeは、「観るもの」との意見が多い。

「ミュージシャンのMVが無料だし、YouTubeはよく観ている。動画をアップするのは、インスタのストーリーかな。YouTubeは、本格的なものじゃないといけない気がして…」(20代・女性)

 

しかし友達が、勝手に動画をアップすることもあるようだ。

「結婚式の余興で、AKBを踊ったときの動画を一緒にやった友達が勝手にアップしていた。しかもそれなりに再生回数があり、さらに恥ずかしい気持ちに…」(30代・女性)

 

■ユーチューバーはキッズたちのもの

一方で、年齢を重ねた人には、ユーチューバーのおもしろさがわからないという。

「『なにがおもしろいのだろう?』って周囲と人たちと話をしたけど、『キッズたちに受けているからから、おじさんたちはお呼びじゃない』ということで、話はまとまった」(30代・男性)

 

子供たちにとっては憧れの存在「ユーチューバー」も、大人には理解しがたいようだ。

動画をアップする人が全体的に少ないならば、まだ人気ユーチューバーになれるジャンルがあるとも考えられる。キッズの中から、頭角を現す子が現れるのだろうか。

・合わせて読みたい→YouTuberになると言い出したら「パートナー」vs「子供」どっちが嫌?

(文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年9月29日~2017年10月2日
対象:全国20代~60代の男女1,336名 (有効回答数)

この記事の画像(2枚)

関連記事

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu