しらべぇ

ひとりエッチはどんな姿勢でするもの? 「仰向け」以上の多数派が存在した

TENGAヘルスケア社が実施した、マスターベーションについての大規模調査。衝撃の事実が判明。

男女 オトナ

2人で行う夜の営みは、基本的にはベッドや布団で、寝転がってする人がほとんどだろう。では、男性がひとりで自分を慰めるときは、どのような姿勢が一般的なのだろうか。

TENGAヘルスケア社が、自慰経験のある全国15〜64歳の男性2,000名を対象に実施した調査から、結果をランキング形式で見てみよう。

 

 

■第6位:立った状態

立つ男性

(AID/a.collectionRF/Thinkstock)

「立った状態ですることが最も多い」と答えた人は、4.3%。なんだか落ち着かなくて疲れそうな印象はあるが、本人にとっては、開放感があるのかもしれない。

 

■第5位:うつ伏せ

うつ伏せ

(DAJ/Thinkstock)

次に少なかったのは「うつ伏せ」派で、僅差の4.4%。パソコンでオカズを見やすい姿勢ではあるかもしれないが、刺激する方法はやや難しそうだ。

 

■第4位:あぐら

あぐら

(jakejung/iStock/Thinkstock)

11.5%がもっともよくすると答えた姿勢は、「あぐら」。正座(今回の調査では2.6%)よりもリラックスできる座り方で、納得できる数値と言える。

 

■第3位:横寝

横寝

(DAJ/Thinkstock)

横向きに寝転がる姿勢は、テレビを見る際などでも一般的だ。コンテンツを自由に見られる上、ひとりエッチの場合は、片手を自由に使える。

今回の調査で、12.1%の男性が「横寝がもっとも多い」と回答したのも頷ける。

 

■第2位:仰向け

仰向け

(miya227/iStock/Thinkstock)

27.9%の男性が、もっともよく行っているひとりエッチの姿勢は、仰向けだ。ベッドや布団に寝転がって両手が自由になり、リラックスできる姿勢だが、映像を見たりするのはやや疲れるかもしれない。

では、今回の調査でもっとも多くの人が選んだ答えは…

 

■第1位:椅子に座って

(Milatas/iStock/Thinkstock)

およそ3人に1人の男性が、もっともよくしているマスターベーションの姿勢は、「椅子に座って」。ベッドや布団でないのが意外にも思えるが、映像や画像は楽しみやすい姿勢とも考えられる。

姿勢

・合わせて読みたい→「週10回以上ひとりでする男性」ってどんな人? アニメ・ゲーム好き以上に意外な趣味が

(文/しらべぇ編集部・タカハシマコト データ提供/TENGAヘルスケア

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
・期間:2017年9月25日〜2017年9月28日
・対象:全国15歳〜64歳で自慰経験のある男性2,000名に調査
(データはTENGAヘルスケア社による)
 

関連記事

人気記事ランキング

アルバイト募集中 WEBエンジニア募集