しらべぇ

「お笑い界の重鎮」でもっとも好きな芸人は? 1位はやっぱり…

「お笑い界の重鎮」のなかで誰が最も好きか聞いてみたところ…

エンタメ

明石家さんま

日本のお笑い界には、「重鎮」と呼ばれる芸人が多数存在する。ビートたけし・タモリ・明石家さんまの「BIG3」をはじめ、松本人志・石橋貴明・太田光など、時代を作った芸能人は数多い。

そんな中で、もっとも好かれている芸人は誰なのか。しらべぇ編集部では、重鎮と思われる芸人11人をピックアップ。

タモリ・明石家さんま・ビートたけし・松本人志・太田光・石橋貴明・

萩本欽一・桂歌丸・西川きよし・志村けん・笑福亭鶴瓶

 

この中で誰が一番好かれているのか、全国の20代~60代の男女1,342名を対象に調査を実施。上位5名をランキング形式で紹介する。

 

■第5位:志村けん(4.9%)

5位に入ったのはザ・ドリフターズで一世を風靡した志村けん。コントにこだわりを持ち、現在も『バカ殿』などで健在ぶりを見せている。

1990年代後半には「死亡説」も流れたが、見事に復活。安定した人気を誇っているようだ。

 

■第4位:松本人志(8.0%)

4位はダウンタウンの松本人志。90年代を代表する芸人の1人で、現在活躍する中堅芸人のほとんどは、彼の影響を受けているとも。

50代になった現在もレギュラーを多数持ち、信奉者も多い彼だが、今回のランキングでは4位にとどまった。

 

■第3位:ビートたけし(10.1%)

3位に入ったのは、ツービートとして漫才ブームを牽引し、その後ピン芸人として活躍した上、映画監督としても名を馳せるビートたけし。

ちなみに、たけしを支持しているのは40・50代男性。青春時代にたけしの全盛期を見てきた世代だ。松本人志同様、40代・50代のお笑い芸人はほぼすべてビートたけしの影響を受けているといっても過言ではない。

 

■第2位:タモリ(18.3%)

18.3%の支持を獲得して2位となったのは、長年『笑っていいとも!』(フジテレビ系)の司会者として活躍し、現在も『ブラタモリ』(NHK)、『タモリ倶楽部』(テレビ朝日系)に出演するタモリ。

支持者を性年代別に見ると、60代以上の支持率が高くなっている。うるさくなく、落ち着きながらも、しっかり面白いことを言う。そんなタモリに、一種の安心を感じているのかも。

 

■第1位:明石家さんま(19.7%)

タモリを抑えて1位に輝いたのは、やはり明石家さんま。とくに20代男性の支持率が高く、29.6%がさんまが「もっとも好き」と回答している。

その偉ぶらない姿勢や、若者にもフランクに接する姿勢などが、高評価に繋がっているのかも。

 

「BIG3」の強さが目立った今回のランキング。3人とも60歳を超えているが、その人気は衰えを知らないようだ

・合わせて読みたい→お笑い芸人で最高のレジェンドは誰? 1位は「BIG3」の…

(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年11月17日~2017年11月20日
対象:全国20代~60代の男女1,342名(有効回答数)

この記事の画像(1枚)

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu