『ランク王国』温泉ロケにも出演 沖縄出身セクシー女優・河合向日葵はおじさんキラー

沖縄出身で「夢はケーキ屋さん」と語る19歳だ。

セクシー女優として、毎月たくさんの女性がデビューするが、その中に「沖縄出身」の女優は数少ない。

1月に大手メーカーSOD『青春時代』からデビューする河合向日葵(かわい・ひまり)ちゃんは、そんな沖縄生まれの南国娘だ。

 

■専門学校に通い、夢はケーキ屋さん

向日葵ちゃんは、パティシエの専門学校に通う19歳。この4月に上京してきたばかりだ。

河合:「東京は人が多いなぁ」っていうのが、第一印象でした。料理の授業や勉強は、とっても楽しいです。小学生みたいですけど、将来の夢は「ケーキ屋さん」ですね。

 

プレッシャーに弱いタイプなので、「自分のお店を持ちたい」っていうよりは、誰かの下で働くほうが向いてるかも(笑)

 

■芸名は「子供っぽいのが好き」

河合向日葵

沖縄の花というと、向日葵よりは『島唄』にも歌われたデイゴやブーゲンビリアが思い浮かぶが、芸名は向日葵ちゃん自身が考えたという。

河合:「ひまり」という名前が子供っぽくてかわいいな…って自分で思いついて、それに漢字をあてたんです。「ひまわりちゃん」だと、呼びにくいし(笑)。沖縄の花といえば、たしかにデイゴとかだけど、向日葵は日本じゅうで愛されてるな、と思って。

次ページ
■もっと世の中を知りたくてAVデビュー

この記事の画像(7枚)

あなたにオススメ