しらべぇ

ひとりエッチでオカズにした知人ランキング 男性は意外にも「一途」という傾向も…

TENGAヘルスケア社の調査、「知り合いの女性を自慰のオカズにした経験者」の割合が衝撃的。

男女 オトナ

TENGA

男性のマスターベーションといえば、AVなどエッチな創作物を見て性的興奮を得るのが一般的だ。しかし、時にはあえて知り合いのことを妄想して興奮を得た経験がある人もいるだろう。

TENGAヘルスケア社は、全国15〜64歳の自慰経験がある男性2,000名を対象に「他人を想像したり、写真や直接本人を見て」ひとりエッチをしたことがある割合を調査。

その結果をランキング形式で発表しよう。

 

■第5位:家族・親族

家族

(TAGSTOCK1/iStock/Thinkstock)

家族・親戚をネタにひとりでしたことがある男性はかなり少なく、3.6%。そのうちの大半は「従姉妹」が占める。姉妹や母親などは、身近な異性といえども実際に興奮できる人はほとんどいないようだ。

 

■第4位:職場関係

OL

(TakakoWatanabe/iStock/Thinkstock)

ともに過ごす時間が長い職場の人間関係も、ひとりエッチのオカズになりやすいようだ。今回の調査では、23.4%の男性が、職場関係の女性を妄想してシたことがあると回答。

その内訳は、上司・先輩→部下・後輩→同僚の順で多く、「年上よりは年下、それ以上に同世代」が対象となっている。

 

■第3位:友人

男女の友人

(imtmphoto/iStock/Thinkstock)

男性の4人に1人、26.3%は友人をネタにひとりエッチをしたことがある事実も判明した。

「男女の友情が成立するのか」は、しばしば議論になるところだが、少なくない男性がこうした目で友人の女性を見ているということは、知っておいてよさそうだ。

 

 

 

■第2位:学校関係

女子高生

(DAJ/iStock/Thinkstock)

思春期を過ごす場所ゆえか、学校関係の女性を妄想する男性も多く、30.3%。お相手としては、後輩と先輩には大きな差は見られないが、同級生はダントツに高い。

AVやエッチな漫画、ゲームなど成人向けコンテンツで、女子学生をテーマにしたものが多いのも頷ける。

では、今回の調査でもっとも多くの男性が妄想した経験がある女性はというと…

 

■第1位:男性は意外と一途?

カップル

(tantake/iStock/Thinkstock)

41.2%が経験ありと回答したのは、恋人・妻だった。妄想においても愛する女性を思い浮かべるのは、ある意味で一途と言えないこともないだろう。

 

TENGA

・合わせて読みたい→ひとりエッチはどんな姿勢でするもの? 「仰向け」以上の多数派が存在した

(文/しらべぇ編集部・タカハシマコト データ提供/TENGAヘルスケア

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
・期間:2017年9月25日〜2017年9月28日
・対象:全国15歳〜64歳で自慰経験のある男性2,000名に調査
(データはTENGAヘルスケア社による)

この記事の画像(7枚)

人気記事ランキング

アルバイト募集中 WEBエンジニア募集