しらべぇ

男性が最もよく「オカズ」を見ている機器は… 「本とテレビの凋落」が明らかに

TENGAヘルスケア社が調査したひとりエッチにまつわる貴重なデータを紹介。

男女 オトナ

TENGA

精子が日々つくられつづける男性にとっては、「日常の一部」といっても過言ではないひとりエッチ。

性的興奮を得るためには、何らかのコンテンツを見ることが一般的だが、今の時代、人はどのような機器・デバイスでエッチな映像・画像などを見ているのだろうか。

TENGAヘルスケア社が全国15歳〜64歳の自慰経験がある男性1,965名に行った「最もよくオカズを見る機器」に関する調査結果から、ランキング形式に見ていこう。

 

 

■第6位:本

エロ本

(AndreyPopov/iStock/Thinkstock)

かつて、今ほど「オカズ」が充実していなかった時代、「エロ本」という言葉に独特の興奮を覚えた男性は、ある世代以上には確実にいるだろう。

しかし、今や「オカズを見る機器」として「本」と答えた人は、わずか2.2%。グラビアや漫画コンテンツなども、ダウンロードして見られている可能性が高い。

 

■第5位:何も見ない

目を閉じる

(Ingram Publishing/Thinkstock)

「何も見ないことが最も多い」と回答した人も少なく、わずか3.3%。よほど妄想力が豊かな男性でない限り、つねにエッチなコンテンツを何も見ないというスタイルは、興奮につながらないことがわかる。

 

■第4位:タブレット

タブレット

(Ridofranz/iStock/Thinkstock)

画面が大きく持ち運びも容易なタブレット。画像や映像を見るための機器としては最適な1台だが、ひとりエッチで主にタブレットを使っている人は、6.4%だった。

便利とはいえ、普及率も影響していると考えられる。

 

■第3位:テレビ

テレビ

(TAGSTOCK1/iStock/Thinkstock)

AVがVHSでレンタルされ、ビデオデッキで再生するのが一般的だった時代、見るための機器はもちろんテレビだった。ところが、現在ではテレビを最も使っている男性は、わずか6.5%。

ブルーレイ化で高画質になっているAVだが、その映像を大画面で楽しんでいる人は、ごく限られているようだ。

 

■第2位:スマートフォン

スマホ

(demaerre/iStock/Thinkstock)

およそ3人に1人の男性が、オカズを見るために最も使っている機器は、スマートフォン。どの部屋に持ち運ぶこともでき、メモリ容量も大きいので、これさえあれば事足りてしまう人も少なくないのだろう。

こうした需要もあってか、最近はスマホ向けの縦型動画により成人向け映像も配信されている。

 

■第1位:パソコン

パソコン

(Ingram Publishing/Thinkstock)

今回の調査で、およそ5割が最もよくオカズを見ていることが判明したのは、パソコンだ。画面も高画質で、ノートPCなら持ち運びも簡単。

AVなどもダウンロードで購入すれば、パッケージが家人に見つかることもない。

デバイス

 

■PC・スマホの割合は20代以下で逆転

ところが、パソコン/スマホだけの割合を抜き出して世代別に比較してみると、興味深い傾向が見えてくる。

オカズ機器

まだ、パソコンを使用していない人が多いためか、10代ではスマホが圧倒的で7割超え。20代でもスマホ派はパソコンに20ポイント近い差をつけて過半数だ。

「ひとりエッチのお供はスマホ」という時代も、そう遠くない未来なのかもしれない。

・合わせて読みたい→ひとりエッチでオカズにした知人ランキング 男性は意外にも「一途」という傾向も…

(文/しらべぇ編集部・タカハシマコト データ提供/TENGAヘルスケア

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
・期間:2017年9月25日〜2017年9月28日
・対象:全国15歳〜64歳で自慰経験のある男性2,000名に調査
(データはTENGAヘルスケア社による)
 

この記事の画像(9枚)

関連記事

人気記事ランキング

アルバイト募集中 WEBエンジニア募集