『めちゃイケ』で11年ぶり復活の数取団 「懐かしすぎて泣きそう」と賞賛の声

『めちゃイケ』で一世を風靡した数取団が11年ぶりに復活!

2018年春に22年の歴史に幕を下ろす『めちゃ×2 イケてるッ!』(フジテレビ系)。

終わりに向けて、様々な「シュウ活」を実施している中、2日放送のスペシャルでは人気企画『単位上等! 爆走数取団』が復活。懐かしがる視聴者から賞賛の声が起きている。

(画像は岡村隆史Instagramからのスクリーンショット)

 

■伝説の企画・数取団

数取団は、氣志團をモデルとし、「ブンブンブブブン」とバイク音を口ずさみながら「リズムに乗って数を取る言葉遊びゲーム」で競う、伝説の人気企画。極楽とんぼ・山本圭一(49)の不祥事の影響で、2006年に終了している。

数取りに失敗した際の罰ゲームは、力士に扮した集団「関取団」による手痛い相撲。この関取団への「(復)讐活」として11年ぶりの復活を遂げた。

■「讐活」成功なるか?

この日はレギュラーメンバーだけでなく、ジャルジャルや敦士(41)などの『めちゃイケ』新メンバー、さらに縁の深いゲストを迎えて数取り。

ナインティナイン・岡村隆史(47)は同期の博多華丸・大吉の博多大吉(46)、極楽とんぼ・加藤浩次(48)は「浩司君」と呼ぶほど仲の良いおぎやはぎ・矢作兼(46)とタッグを組む。

罰ゲームで関取団と対峙した加藤は、ツッパリで押し倒されるとすぐに謝罪。矢作はメガネが吹き飛ぶほど振り回される。

岡村と大吉は膝や顎に一撃を食らい、野生爆弾・くっきー(41)は背中を強打。関取団への「讐活」は成し遂げられなかったが、全員が久しぶりの数取りを最後まで活き活きと楽しんでいた。

次ページ
■「懐かしくて泣ける」視聴者続出

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ