しらべぇ

料理の腕前ひどい人 「方向音痴みたいなもの」と慰められるレベルも

「やればできるもん!」と思っていたのに、壊滅的なタイプも

ライフ

(miya227/iStock/Thinkstock)

恋愛の常套句のひとつに「男は胃袋でつかめ!」というのがあったり、近年は料理男子が珍しくなかったり…。生きる上で欠かせない「食」の話題が多いように、それを作る「料理の腕前」というのも、語られる機会は多い。

しらべぇ編集部では、全国の20~60代の男女1,354名を対象に「料理の腕前」について、意識調査を実施した。

■意外とみんな自信あり?

全体では「ひどい」18.2%と「まあまあひどい」18.0%で「料理の腕前はダメなほうだ」という人は36.2%、「まあまあ大丈夫」43.7%と「大丈夫」20.1%で「料理の腕前に問題なし」と答えた人は63.8%。

意外と多くの人が「問題なし」に見えるが、男女別では

「ひどい」「まあまあひどい」の「料理の腕前はダメなほうだ」の割合が、男性45.2%に対し、女性は27.3%で男性はかなり苦手なもよう。

性別・年代別で見てみると、

女性は年代が上がるごとに減少するが、20代女子は男性並みの苦手意識。

男性は30代が4割を切るものの、あとは40%台後半で「料理、できないっす」が半数に迫る。

今の30代男性といえば、ちょうど「料理男子」「弁当男子」の流行があり、「男も料理できれば、モテる」を頃合いよい年代で経験した世代。また、実生活で「夫婦共働きで、たまには夕飯も作らないと、嫁にキレられる…」なんてことも、あるのかも。

 

■舌バカ系やセンスがゼロも

実際に「料理の腕前がひどい」という人に、話を聞いた。

「自分ではそんなことないと思うのですが、周りからは『味オンチ』『舌バカ』扱いされています。まあ確かに、繊細な味とか微妙な違いとか全然わからないし、お店の料理を食べていて、どんな味付けをしているのか…といった話題には、全くついて行けません。

 

夏だとBBQ、この季節だと鍋パーティなど、友達で集まって料理する機会はあるのですが、以前BBQのシメで焼きそば作りをして失敗。それ以来、みんなから『やらなくていい』と止められてます。

 

すごく美味しくはできなかったけど、あれはあれでそれなりには…そこそこの味だったと思うんですけどねぇ。麺がかなり、コマ切れになっちゃっただけで…」(20代・男性)

 

「姉は料理上手なんですが、私は本当に下手。母もあまり得意なほうではなく、たまに姉が料理を作ったと知ると、父がすごく早く帰宅するのに、私が作ったと聞くと、『今日はつき合いがあるから』と、家で食事しないという…切ない思い出もあります。あ。でも、家族仲は悪くないですよ。(笑)

 

一時はがんばって、レシピ本を見たり、姉のレシピを借りたりして、作ったんです。でも、どうしてか同じ味にならない。その通りにしているはずなのに、なんか違うものになってしまうんです。

 

仲の良い友達が、何度か私の料理する様子を見て結論付けたのが、『方向音痴みたいなものだから、正しいと思う道に進んでも、間違っちゃうことあるんだよ』と。たぶん一言で片づけると『センスゼロ』ってことを慰められている…と思って、あきらめることにしました」(30代・女性)

 

「それなりには、そこそこの味」で、二度と手を出さないようにされるとか、「父が娘の料理に手を付けない」や「方向音痴」に喩えられるとか、ちょっと想像できないレベル感。

とはいえ、イマドキはいろいろ選択肢があるので、ムリにがんばらなくてもいいのかも…。

・合わせて読みたい→意外に気になる? 彼女の箸の持ち方で「親への紹介を躊躇した」人も

(取材・文/しらべぇ編集部・くはたみほ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年9月29日~2017年10月2日
対象:全国20代~60代の男女1354名(有効回答数)

この記事の画像(3枚)

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu