危険地帯ジャーナリスト・丸山ゴンザレスが歌舞伎町で見た「暗黙ルール破りの事件」とは

『クレイジージャーニー』でも注目の丸山ゴンザレスがジャーナリストになるまで。

取材する時に大切にしていることはなにか。 それは、タイミングだ。 正しい時に、正しい場所にいること。そこで記録をとり、どんな意味があるのかを見出していく。

ついでに昨今だと映像なり、写真なりを撮影しておくと説得力が増す。 

 

■正しいタイミングと現場に出る経験を積む

丸山ゴンザレス

2010年に香港の雨傘革命の取材に行った時には、デモ隊の最前列で若者たちの発する生の言葉を聞き、警官隊と向かい合う緊張感を体験した。

ほかにも、もしかしたら時代の転換点になるかもしれない現場や、今しか見られないような場所などにいくつか立ち会うことができた。

そうしたライブ感ともいうべきものを大事にするようになったきっかけは、いったいどこにあったのか。自分の中で問いかけていくと、歌舞伎町で取材活動をしていた頃のことを思い出すのだ。

 

■裏社会取材が始まる時期

新宿で「黒人狩り」という事件があったのをご存じだろうか? 2012年頃のこと。読者のみなさんは知らないかもしれないが、その頃の歌舞伎町東通りの方に行くと黒人のキャッチ(路上で客を呼び込む係)の方がたくさんいた。

彼らについて行くとだいたいぼったくられてしまう……こともあるのだが(笑)。 それも大きな問題なのだが、もっと大きな問題があった。

次ページ
■街の「暗黙のルール」を破る事件を目撃

この記事の画像(3枚)

あなたにオススメ