しらべぇ

早く日本上陸してくれ! 台湾「氷の怪物」がかわいくて美味しすぎ

台湾にある「路地・氷の怪物」は、見た目も味も最高のかき氷!

グルメ

ここ数年、ブームの来ている「かき氷」。フルーツたっぷりのものから天然氷まで、その種類はさまざまだ。

そんな中、台湾に「かわいすぎる」かき氷が登場!

 

■その名も「路地・氷の怪物」

そのお店の名前は「路地・氷の怪物」。台湾で大人気のお店で、まだ3店舗しかないそう。それにしても…台湾なのに、日本語?

隣にある家系ラーメンの看板も相まって、どう見ても日本のどこかだが、ここは台湾。

入り口には「営業中」の文字…あれ、やっぱり日本だよね、ここ。

入って右手には、スタンプカードと25種類のパネルが。

スタンプカードはかき氷の味になっており、牛乳・宇治抹茶・黒ゴマ・雪塩ピーナッツ・フランスココアの5種類から選べる。

カード自体がめちゃくちゃかわいい。

左の25種類のパネルは、トッピングの一覧。

フルーツジャムなどの定番もあるが、蜂蜜キンモクゼリーなど、ちょっと変わり種のものも。その中から2つ選んだら…

ハンコを押す!

カードが完成したら、レジに提出するだけ。見た目にもわかりやすく、何より楽しい。かわいい。

 

■怪物探しも楽しい

店の外にも中にも、「怪物」がいたるところに隠れている。

棒にぶら下がっていたり、

こちらを見下ろしていたり

和室でお茶を飲んでいたり。

何よりかわいいのが…テーブルに座ってる!

怪物もやっぱり、かき氷食べたいのかも。

ちなみにこの怪物、グッズも豊富。どれもかわいい。

 

■見た目も味も最高すぎ

店内を見回している間に、かき氷が到着! ちなみに記者が選んだのは、牛乳味のかき氷にほうじ茶ゼリーと蜂蜜キンモクゼリーのトッピング。

これは! かわいい!! かわいすぎる!!

インスタ映え最高でしょ、こんなの。女子大歓喜でしょ。実際、店内はほぼ女性。かき氷が届くと、歓声をあげながら写真をパシャパシャ。

見た目がこれだけかわいいと、味は期待できないんじゃ…などと思うなかれ。

これが、ものすごくおいしいのだ。普通のかき氷と違ってキーンとならず、口当たりはふわふわでまろやか。かき氷というよりも、ミルクアイスを食べているようなのだ。食べ始めると、手が止まらない。

濃厚なのに甘すぎなくて…ああ、思い出すだけでヨダレが。

普段かき氷はあまり食べないのだが、これはペロリと完食した上に「もう1個いける!」と思ってしまうほど。

ちなみに、目玉も食べられる(砂糖菓子)。

日本に上陸したら、行列間違いなしの「路地・氷の怪物」。原宿あたりに、早く出店してほしい!

・合わせて読みたい→【日本初上陸】わずか1時間で完売!ふっわふわ新食感のかき氷店「アイスモンスター」って?

(取材・文/しらべぇ編集部・たつき あつこ

この記事の画像(18枚)

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu