「異性の友達はいて当然でしょ?」に非リア充反論 「同性さえも…」

「異性の友達なんて、自然にできる」という人がいる一方で、非リア充は…

人間関係

2017/12/02 21:00

(TAGSTOCK1/iStock/Thinkstock)

性別を問わずたくさんの友達がいる人もいれば、異性と話すことさえままならない人だって存在する。

しらべぇ編集部では、全国20〜60代の男女1,336人に「異性との友情について」の調査を実施。

「異性の友達は一人もいない」と答えた人は全体で37.2%と、一定数いることが判明した。

 

■リア充にとっては当然の存在

いわゆるリア充と呼ばれる人たちにとっては、異性の友達なんて珍しくもないもの。

「学校に通ったり仕事をしたりしていれば、自然に異性の友達なんてできるはず。いないっていうのが、不思議で仕方がない」(20代・女性)

 

「男女問わず、仲のいい友達で集まって、飲みに行かないのかな?」(30代・女性)

 

異性の友達がいない人に対して、疑問を抱いている人も多いようだ。

 

■非リア充の結果に納得

自分を非リア充と思っている人は、半数近くの人が異性の友達がいないと回答。

異性の友達がいないグラフ

クラスでも目立たない存在といった人には、異性の友達なんて夢のような話なのだ。

「女性とは、話すのさえ難しい。そんな自分に、異性の友達ができるわけがない」(20代・男性)

 

「異性の友達はもちろんいないけど、同性の友達さえ怪しい状況」(30代・男性)

 

■長年の疑問「異性との友情は成立するのか」

異性の友達がいない非リア充の人は、もはや討論し尽くした感のある疑問を抱く。

「異性との友情って、本当に成立するのかな。一緒にいるうちに、好きになりそうな気がして…。いたことがないから、どんな関係なのか想像もつかなくて」(20代・男性)

 

長年の問いに対して、リア充女性は次のように答えた。

「『異性との友情なんて成立しない』なんて言う人は、異性を恋愛対象としてしか見ないってことなの? そのほうが、下心がいっぱいの気がするんだけど…」(30代・女性)

 

置かれている環境によって、異性の友達へのハードルは大きく変わるようである。

・合わせて読みたい→「女子より男といるほうが気楽」な女性にモヤモヤ 「ただの男好き」と厳しい批判も

(文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年9月29日~2017年10月2日
対象:全国20代~60代の男女1,336名 (有効回答数)

この記事の画像(2枚)

あなたにオススメ