しらべぇ

楠田枝里子が結婚をしないワケを告白 その理由に共感の声

『ビビット』に楠田枝里子が出演。結婚をしない理由に、多くの共感の声があがっている。

エンタメ

(画像はTwitterのスクリーンショット)

フリーアナウンサー・楠田枝里子(65)といえば容姿端麗で明るい人柄が魅力だが、これまで結婚歴がないことでも知られている。

1日放送の『ビビット』(TBS系)で「結婚しないワケ」について発言し、話題を呼んでいる。

 

■「人を愛することに契約書はいらない」

「若い頃から結婚願望はなかった」と明かした楠田。結婚について「社会の制度の中で契約を結ぶこと」と捉えているとし、「私は人を愛することに契約書はいらない」と結婚の必要性を感じなかったと語った。

交際していた男性からプロポーズされることもあったが、「なんで今の状態じゃダメなのかがわからなかった」と感じるようだ。

とはいえ一度は結婚してもいいかなとゆらいだことはあったそう。しかし、冷静に自分を観察したときに、仕事がうまくいっていなかったことに気づき、「私は逃げ場を探しているのかもしれない。結婚を逃げ場にしてはいけない」と自分を厳しく律したのだという。

 

■女性への負担を疑問視

また楠田は、結婚する女性の負担について疑問を感じるという。女性が結婚によって姓が変わることに対して、銀行の口座や、その他名義の手続きなどさまざまな労力と負担がかかると指摘し、「まだ夫婦別姓が認められていないて、なんてこの国は遅れているんだろう」と語った。

さらに「『一億総活躍社会』なんて耳障りのいい言葉を使いますけど、女性にばかり負担や不利益を押し付けておいて、女は結婚もしなさい、子供も産みなさい、子育てもしなさい、そして仕事も頑張りなさいって、ちょっと欲張りすぎじゃない?」と笑顔ながらもチクりと持論を展開した。

 

■ネット上でも共感の声が続出

楠田の恋愛や結婚に対する考え方を受け、ネット上では「その通り」「言ってくれてスッキリした」との声があがった。

 

■約2割が「独身でいたい」

しらべぇ編集部が全国20〜60代の独身男女631名に結婚に関する意識調査を実施したところ、約2割が「独身でいたい」と考えていることが明らかとなった。

この2割の中には「ひとりでいたい」という思いや、「なぜ結婚する必要があるのか」という考えなど、さまざまな理由で独身を選択しているのだろう。

 

「結婚することが幸せ」という人がいる一方で、楠田のように「人を愛するのに契約はいらない」との理由から結婚をしない人も、けっして少なくないのかもしれない。

・合わせて読みたい→本郷奏多が『ダウンタウンなう』で驚きの恋愛観を披露 「彼女を作るのはデメリットのほうが多い」

(文/しらべぇ編集部・らむたそ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2015年4月1日~2015年4月3日
対象:全国20代~60代 男女計631名

この記事の画像(1枚)

関連記事

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu